医学よもやま話

医学情報をご提供します。

プリンスの死とオピオイド

advertisement

鎮痛剤の安易な使用は死に至る

****

アメリカの歌手プリンス・ロジャース・ネルソンが5月4日亡くなりました。

ニューヨーク・タイムズにプリンスの死亡記事が出ていました。

 

プリンスの清潔なライフスタイルは広く知られていました。

彼は完全菜食主義者で、アルコールもマリファナも避けていました。

 

 

f:id:tpspi:20160507150359j:plain

 

 

プリンスがオピオイド(鎮痛剤)の依存症であることは誰も知りませんでした。

 

プリンスの死因について現在、司法当局が捜査を行っていますが、彼がオピオイドに重度に依存していたことを示す証拠が次々と現れています。

 

プリンスが数年前に腰の手術を受けたことは良く知られていますが、誰も彼がオピオイドや処方薬を服用しているところを見た人はいません。プリンスはプライバシーを大事にして、自分のことが人に知られないようにしていました。

 

プリンスは数十年にわたり、精力的にツアーを行ってきました。厚底靴でステージを飛び回り、パフォーマンスの激しさから腰を傷めてきました。彼のツアーに帯同したミュージシャンは誰も、彼が腰を痛めていたことを知りませんでした。

 

プリンスは古風な考え方の持ち主で、ツアー絶対主義の男でしたので、痛みでツアーを休むようなことはありませんでした。そのため、ツアーのためにオピオイドの依存症になってしまったのでしょうか。

 

プリンスは何事も自分でする人だったので、誰も彼がオピオイドを服用していることに気づかなかったようです。

 

プリンスは2000年代の中頃に腰の手術を受け、その以降、多くのオピオイドが処方されてきました。

 

 

鬱病のうわさ

 

プリンスは不安を抱え、病気が彼がツアーを行う力を制限し、更に友人の死から来る寂しさと戦っていたのようです。

 

プリンスは更に、プロとしての停滞期にあったようです。

 

プリンスは2003年に信仰に強く惹かれるようになり、聖書と神の愛に興味をもつようになりました。

 

プリンスの純粋な生活と宗教への思い入れが薬剤依存に後ろめたさを感じるようになったのかもしれません。

 

飛行機内での急病

 

プリンスは死亡する前から中毒症状を示しており、プライベートジェット機で移動中に意識を失い。緊急着陸して病院に搬送されました。病院で、オピオイド拮抗薬の注射を受け、一命を取り留めました。プリンスの病院での滞在時間はわずか数時間でした。

 

オピオイドの特徴

 

プリンスが死亡する原因となったオピオイドは次のような特徴があります。

 

オピオイドは痛みの軽減に使用されます。服用すると、過度の幸福感を感じることが出来ますが、過剰摂取すると依存症と中毒を引き起こします。

 

オピオイドはどこでも入手可能な薬剤で過度の幸福感を引き起こすため乱用される危険性があります。

 

痛みを軽減するためにオピオイドを数日以上使用し、服用を止めると、禁断症状をが現れます。しかし、オピオイドを医学的に管理すれば、重大な依存症や中毒は起こりません。

 

オピオイドの服用を2から3日続けるとオピオイドに耐性が生じます。服用者は同じ効果を得るために、だんだん多くの量のオピオイドが必要になります。

 

 

オピオイド服用に伴う症状

 

オピオイドは強力な鎮痛薬で、服用すると眠くなり、気分が穏やかになります。オピオイドは多幸感を引き起こし、痛みを軽減します。オピオイドを大量に服用すると、倦怠感や眠気が起き、心拍数や呼吸数が減少することもあります。

 

オピオイドを他の薬剤と共に服用すると、セロトニン症候群と呼ばれる重大な障害を引き起こす場合があります。

 

一度に大量のオピオイドを服用すると死に至る場合があります。呼吸が遅くなり、浅くなります。肺には水が貯まり、血圧、心拍数、及び体温が低下し、瞳孔が小さくなります。呼吸が停止するために意識が無くなるか死に至ります。

 

長期服用の効果

 

オピオイドは依存性以外に長期の副作用は起こしません。

 

禁断症状

 

オピオイドは服用を止めると気分が不快になりますが、命にかかわることはありません。オピオイドの服用を止めると早ければ4時間で、通常48時間から72時間で禁断症状が出ます。禁断症状が生じる期間はオピオイドの種類により異なりますが、禁断症状は約1週間続きます。オピオイドが体内から排出される速度は種類により異なります。禁断症状は服用した量と期間に比例して重くなります。

 

自分では服用を止めることが出来ず、依存症は重くなるだけです。市販の鎮痛剤でも同じように依存症が出ます。依存症になったと思ったら、専門医の診察または専門の施設で依存症の治療が必要になります。

 

これまでオピオイドで多くのアーティストが亡くなっています。

マリリン・モンロー、エルビス・プレスリー、マイケル・ジャクソン、…

 

鎮痛剤の安易な使用は死に至ります。

 

Related Topics

学ばなければ死が待っている!