医学よもやま話

医学情報をご提供します。

電子タバコの功罪

advertisement

本物はもちろん、代用品も害がありそうだ

***

JR東海の20代の男性車掌が今月2日、走行中の東海道新幹線の運転室内で電子たばこを吸っていたことが同社への取材でわかった。同社は乗務中の喫煙を禁止しており、「処分も含めて厳正に対処する」としている。

JR東海によると、車掌は2日夜、新大阪発東京行き「のぞみ408号」(16両編成)の先頭と最後尾にある運転室のうち、最後尾側で加熱式の電子たばこを吸っていたという。車掌は発車する際の安全確認などを担当していた。

乗務終了後、車掌が吸い殻を持っているのを別の乗務員が見つけ、同社が事情を聴いたところ喫煙を認めた。運行への影響はなかったという。

朝日新聞ディジタル2016年5月5日より

 

電子タバコとはどのようなものか、健康にはどのような影響があるか調べてみました。

f:id:tpspi:20160506113819j:plain

 

 

 

電子タバコとは

 

電子タバコは本物のタバコと同じような形状で、吸口を吸うと先端が赤く光り、吐き出すとタバコのような煙が出ます。いわば、電子タバコの利用者は本物のタバコを吸っているような気分になれるそうです。

 

電子タバコにはいろいろな種類があり、基本的には電池と、加熱部と、ニコチンと香りをつける液体が入ったカートリッジから出来ています。

 

使い捨てタイプと再利用できるタイプが有ります。再利用できるタイプでは充電式の電子と交換式のカートリッジを使用しています。

 

電子タバコの安全性

 

カートリッジにニコチンが入ったタイプの電子タバコを使い続けると習慣性になります。止めると、禁断症状がでます。禁断症状として、怒りっぽくなったり、落ち込んだり、落ち着かなくなったり、心配性になったりします。本物のタバコと同様に心臓に疾病のある人には危険です。さらに、血管にも悪影響があります。

 

これまで電子タバコは本物のタバコより安全だとされてきました。その理由として、本物のタバコで最も危険な点は煙に含まれている有害物質で。副流煙にも多数の有害物質が含まれています。

 

これに対して、電子タバコは燃えません。液体を加熱して上記を発生させ、喫煙者はこの蒸気を吐き出すのです。

 

電子タバコが出す危険な化学成分のレベルは本物のタバコの数分の1だと言われています。

 

電子タバコは本物のタバコより安全かもしれませんが、長期の使用で健康被害が出ないかまた、喫煙者が吐き出す蒸気が周りに人に影響を及ぼさないかについては、まだ分かっていません。

 

 

長所と短所

 

電子タバコが本物のタバコにより健康被害を減らすことが出来るのかについて専門家の間では賛否が分かれています。

 

電子タバコに反対している専門家はニコチンには常習性があり、電子タバコは本物のタバコの入門用に使われる恐れがあり、タバコを吸わない人や若年層が本物のタバコを吸う契機となるのではないかと心配しています。

 

反対している専門家は更に、電子タバコ業界の高額な宣伝費と有名人のコマーシャル出演が反喫煙の動きを弱めるのではないかと危惧しています。

 

電子タバコは数十年の禁煙の運動を無にしてしまう可能性があります。

 

電子タバコの擁護者は、電子タバコは喫煙者の禁煙を安全に手助けできると考えています。

 

電子タバコの擁護者は本物のタバコを電子タバコに置き換えることはヘロインを鎮痛剤のメタドンに置き換えることと同じことだと言っています。

 

擁護者は更に、電子タバコはニコチンガムのように本物のタバコを止める手助けになると考えています。

 

アメリカ食品医薬品局 (FDA) の調査では一部の電子たばこに発癌性物質を含む有毒物質が含まれることが判明しています。

 

日本の厚生労働省の調査でも、日本国内で流通している一部の電子たばこの蒸気成分の中に、発癌性のあるホルムアルデヒドが含まれることが分かっています。

 

電子タバコに使用されている液体にどのような添加物が含まれているか、これが人体に害を及ぼさないか時間をかけて、市販されているすべての電子タバコを調査する必要があります。

 

タバコは本物はもちろん、代用品も害がありそうです。

 

Related Topics

While you are sleeping...

あなたの子供が成人して死より恐ろしい病気にかかるかも?

学ばなければ死が待っている!