読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

ノロウイルス

advertisement

アルコールも、抗生物質も無力

****

熊本地震の被災地でのノロウイルスの発症者が現れたとの報道がありました。

ノロウイルスは非常に伝染性の高いウイルスです。

 

感染防止には、水道水と石鹸が必要で、嘔吐物や大便が適切に除去され、汚れた衣類を完全に洗濯して、乾燥させる必要があります。

 

被災地でのノロウイルスの感染防止のためにも水道の復旧とトイレの問題を速やかに解決する必要があります。

 

ノロウイルスは誰にでも感染し、発症します。一生のうちで何度もノロウイルスを発症する人もいます。

 

f:id:tpspi:20160426130514j:plain

 

ノロウイルス感染の主要原因は食物感染です。料理をする人がノロウイルスで汚染された物に触ってしまうと、ノロウイルスが食べ物に付着し、それを食べた人はノロウイルスに感染することになります。

 

ノロウイルス感染を防ぐ最善の方法は手洗いの励行とノロウイルスが広がらないように、周囲を清潔にすることです。

 

症状

ノロウイルスの最も一般的な症状は下痢、嘔吐、むかつき、胃の痛みです。

この他の症状として発熱、頭痛、および体の痛みがあります。

 

ノロウイルスに感染すると、12から48時間後に発症します。ノロウイルス発症後1から3日で症状はおさまります。

 

ノロウイルスに発症すると、極度に体調が悪くなり、1日に何度も、嘔吐、下痢を繰り返します。この結果、特に幼児、老人、および持病のある人は脱水症にかかりやすくなります。

 

脱水症の徴候として排尿量の減少、口や喉の渇き、起立性めまいがあります。

 

ノロウイルス感染の防止

手を清潔にすることがもっとも重要です。

 

トイレの後やおむつ交換後、および食事、料理時、配膳前には、水道水とポンプ式の石鹸で両手を注意深く洗う必要があります。

 

ノロウイルス発症前でも嘔吐物や排便の中から検出されることがあります。

 

ノロウイルスを発症したら、食事の用意をしたり病人を介護することは出来ません。

 

ノロウイルスにかかっている間、および症状がおさまってから、少なくとも2日間は食事の用意をしたり、人を介護することは出来ません。

 

ノロウイルスで汚染された所の掃除及び消毒

嘔吐または下痢の後、汚れた箇所を濃度0.1%の塩素系漂白剤を使用して直ちに掃除および消毒を行ないます。

 

嘔吐や下痢で汚れている恐れがある衣類やタオルは完全に洗濯します。

 

このとき次の注意が必要です:

  • 汚染された物を扱うときは、ばらばらにならないように気をつけます。
  • 汚染された物を扱うときは、ゴム手袋または使い捨ての手袋をし、処理が終わったら両手をよく洗います。
  • 洗濯物は洗剤を使い、洗濯時間を長く設定して洗濯し、その後機械乾燥させます。

 

治療

ノロウイルスの治療薬は現在のところ存在していません。ノロウイルスはウイルス感染であるため、抗生物質では治療できないからです。

 

ノロウイルスを発症した場合は嘔吐や下痢で失われた水分を補う必要があります。十分な水分を補うことにより脱水症が防止できます。

 

脱水症状が軽度な場合は、スポーツ飲料や非カフェイン飲料を摂取することができます。

 

脱水症により重篤な疾病を発症することがあります。脱水症状が重い場合は病院で点滴を受ける必要があります。ノロウイルスを発症していると思ったら、医師の診察を受ける必要があります。

 

ノロウイルスはアルコールも、抗生物質も無力です、水道水とポンプ式の石鹸を使った手洗いの励行と、ノロウイルスが広がらないように、嘔吐物、排便、及びこれらの汚染物を正しく処理することが重要です。

 

Related Topics & Keywords

胃腸炎 gastroenteritis;嘔吐 vomiting;下痢 diarrhea;脱水症 dehydration;ノロウイルス norovirus;むかつき nausea