医学よもやま話

医学情報をご提供します。

筋肉を増強して免疫力を向上させる

advertisement

手抜きをしなければ、報われる!

****

 

熊本地震の被災民は集団生活によるストレスのために、感染病リスクが高くなっています。

 

感染病を防ぐには免疫力を高めることです。病原体に感染すると筋肉からグルタミンを放出します。グルタミンはリンパ球を活性化します。

 

筋肉を増強するには運動と、食事が必要です。食事では、とりわけタンパク質とビタミンB6の摂取が重要です。

 

 

 

f:id:tpspi:20160420160911j:plain

 

グルタミンは20種類の天然のアミノ酸の1つで、うま味調味料で「味の素」として知られているグルタミン酸ナトリウムとは異なります。

 

そこで、筋肉を増強するためにグルタミンをサプリメントで摂取するという考え方が出てきます。

 

病気の時や外傷で筋肉が減ったときはアミノ酸は必須です。

 

グルタミンは腸菅や免疫系に必要な成分です。これらの器官ではグルタミンをグルコースとしてではなく活動源として使用します。

 

グルタミンは筋肉増強サプリメントとしても販売されていますが、健康な人には筋肉増強の効果は証明されていません。グルタミンは、火傷や筋肉の傷(ナイフによる刺傷)またはAIDSのように筋肉が減少するような病気に使用されます。

 

サプリメントでグルタミンを摂取しても効果は期待薄です、地道に運動して筋肉を増やして、免疫力を付けましょう。

 

Related Topics

睡眠不足によりアルツハイマー病になるかも

感染症の検査方法

だからトクホは必要だ!

 

Keywords

アミノ酸 amino acid;感染病 infectious disease;筋肉増強剤 muscle builder;グルタミン glutamine;グルタミン酸ナトリウム monosodium glutamate;筋肉 muscle;必須アミノ酸 essential amino acid;火傷 burn;リンパ球 lymphocyte