読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

コレステロール値とLH比

生活習慣病 血液

advertisement

数値だけでは解らない

****

 

コレステロールは細胞膜となる材料で必須のものですが、コレステロールが過剰になると動脈硬化を引き起こす要因にもなります。

 

f:id:tpspi:20160419083204j:plain

写真出典:New Drug Could Raise Good Cholesterol and Lower Bad Cholesterol

 

コレステロールにはLDL(低密度リポタンパク質)とHDL(高密度リポタンパク質)の2種類があります。LDLは肝臓で作られ血管を通して体全体に送られるコレステロールで、HDLは細胞膜などに使われずに肝臓に戻って行くコレステロールです。LDLは悪玉コレステロールとよばれ、HDLは善玉コレステロールと呼ばれています。

 

善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らせば健康な血管が維持できます。すなわちLDL/HDL(LH比)が少ない程、良いわけです。

 

最近LH比がテレビの健康番組で取り上げられています。LH比が2.5を超えると動脈硬化が進行しており、健康上重大な問題があると言われています。

 

テレビ東京の「主治医がみつかる診療所」という番組で

コレステロール値が基準値内にも関わらず、心筋梗塞になってしまったのは何故か?コレステロール値は異常ではなかったが、LDL悪玉コレステロールとHDL善玉コレステロールの比、「LH比」に問題があった。コレステロールの「LH比」とは?LH比とは、LDL悪玉コレステロール値をHDL善玉コレステロール値で割った数字の事。2・0以下が基準値で、それ以上は動脈硬化を起こしやすくなり、2.5以上になると、心筋梗塞などのリスクが急増する。本当にチェックしなくてはいけないのは、コレステロールそのものの高さではなく、LDL悪玉コレステロールと、HDL善玉コレステロールの比率である。

と紹介されています。

 

しかし、最近の学説では、善玉コレステロールの中にも良く働くものもあれば、それほど働かないものもあって、良質の善玉コレステロールを増やすことが重要だとされています。まだまだ、コレステロールについて不明な所も多く、LDL、HDL以外にも見落とされている未知の要因がある可能性があります。

 

LH比の高い人は医療機関で動脈硬化の検査してもらい、異常があれば治療を受ければよいわけで、あまり大騒ぎせずに、一つの目安として利用したほうが良いと思います。

 

LH比の数値が問題なのではなく、動脈硬化の進行が問題なのです。

 

Related Topics

一粒で2度美味しい

高血圧薬から足を洗う

 

Keywords

悪玉コレステロール bad cholesterol;LH比 LH ratio;高密度リポタンパク質 high-density lipoprotein;コレステロール cholesterol;細胞膜 cell membrane;善玉コレステロール good cholesterol;低密度リポタンパク質 low-density lipoprotein;動脈硬化 arteriosclerosis