読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

花粉症の治療

advertisement

市販薬の安易な使用は症状を慢性化させる !

****

花粉症はアレルギーの一種で、植物の花粉が鼻や目の粘膜に接触することにより引き起こされ、発作性の症状が特徴的です。

 

f:id:tpspi:20160413145750j:plain

写真出典:花粉症対策

 

花粉症は季節的または通年発生し、花粉または他のアレルゲンに誘発される疾病で、かゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、および結膜炎を引き起こします。

 

花粉症の発病率は疫学調査によると、全国平均では15,6%で地域別の有病率では東北13.7%、北関東21.0%、南関東23.6%、東海28.7%、北陸17.4%、甲信越19.1%、近畿17.4%、四国16.9%、中国16.4%、九州12.8%で北海道、沖縄はごく少ない発病率でした。

 

鼻炎治療薬

副作用のない、花粉症の治療薬として、鼻用スプレー式のコルチコステロイド剤が使用できます。

 

経口または鼻用スプレー式の抗ヒスタミン剤が単独または鼻用スプレー式コルチコステロイド剤と併用して使用されます。抗ヒスタミン剤は経口鼻詰まり緩和薬と共に服用されます。市販薬の抗ヒスタミン剤と鼻詰まり緩和薬の配合薬が使用できます。

 

高血圧症の人が鼻詰まり緩和薬を使用するときは、医師の指示に従わなければなりません。抗うつ薬を服用している人は抗ヒスタミン剤と鼻詰まり緩和薬の配合剤は服用できません。

 

市販薬の点鼻または鼻スプレー式の鼻詰まり緩和薬が使用できますが、リバウンド効果があるため長期の使用は避けてください。一週間以上継続的に使用すると鼻詰まりが悪化し、慢性鼻炎になることがあります。市販薬の鼻詰まり緩和薬を使用するときも、医師の指示に従った方が安全です。

 

抗ヒスタミン剤は、抗コリン作用(副交感神経抑制効果)があります。嗜眠、口のかわき、目のかすれ、便秘、排尿困難、精神錯乱、および立ちくらみが起こる場合があります。

 

一般に、経口薬は点鼻薬より副作用が強く現れますので注意が必要です。

 

副鼻腔にぬるま湯や塩水を流すと粘液を洗い流すことが出来、鼻の内面を潤すことが出来ます。

 

これらの薬剤を使っても鼻炎が改善しないときは、短期間、医師より経口または注射薬のコルチコステロイドを投与を受けることが出来ます(10日以内)。長期間、経口または注射薬のコルチコステロイド剤の投与を受けると、重大な副作用が現れる場合があります。

 

結膜炎の治療

洗眼水で眼を洗うと、眼の炎症が軽減します。結膜炎があるときはコンタクトレンズの装着は避けてください。

 

市販薬の抗ヒスタミン剤含有の目薬や血管収縮薬(血管収縮神経薬)が使用できますが、効き目がなく処方薬より副作用が強く出ることがあります。

症状が重いときは、医師から点眼薬のコルチコステロイド剤を処方してもらえますが、眼圧が高くなったり、感染症の発生がないか定期的に検査を受ける必要があります。

 

アレルゲン免疫療法

次の場合は、アレルゲン免疫療法(減感作療法)を検討してください。

 

  • 症状が重い時、
  • アレルゲンが防げない時、
  • アレルギー性鼻炎や結膜炎の治療に常用している薬剤で症状が治まらない時、
  • 喘息を発症した時

 

アレルゲン免疫療法は花粉のシーズンが終わってから、開始しなければなりません。アレルゲンは免疫系を刺激するため、花粉のシーズンに免疫療法を開始すると、副作用が強く現れます。免疫療法は通年行うと非常に効果的です。

 

舌下減感作療法薬が2014年以降保険適用になっています。

 

市販薬といえども正しく使わないと、副作用が出たり、症状が慢性化します。

一般に市販薬は処方薬より薬効が弱いとされていますが、市販薬を使用する前に、信頼できる医師の診察を受け、指示に従ったほうが良い結果がでます。

 

市販薬の安易な使用は症状を慢性化させる危険性があります。

 

Keywords & Related Topics

アレルゲン免疫療法 allergen immunotherapy;花粉症 pollen allergy;血管収縮神経薬 vasoconstrictor;結膜炎 conjunctivitis;減感作療法 desensitization;鼻炎 rhinitis