読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

ゲノム編集

医療技術

advertisement

ゲノム編集は分子のハサミを利用して生物のゲノム内でDNAを挿入、削除、または置換を行う遺伝子工学の手法です。植物や微生物の遺伝子を改変して、医薬品や香料の原料などの効率的な大量生産が可能となり、血友病ややエイズなどの治療や、海産物、農作物、や家畜の品種改良に応用することに期待がある待っています。この手法を人間に応用して、遺伝子病の治療の可能性が出てきましたが、倫理上の問題もあり、人間の胚に使うは自主規制されています。日本では人間の難病治療の研究に、人間の胚を使わずにiPSを使ったゲノム編集の研究が行われており、倫理上の問題をクリアしています。

  

f:id:tpspi:20160410133451j:plain

出典:ヒト胚ゲノム編集の波紋

 

中国の研究グループはCCR5遺伝子を編集することにより、遺伝子を組み替え、HIVに感染しないように改変した胚を作成しました。

研究チームは遺伝子を組み換えた人間が作成できることを予測しています。

さらに、研究チームは遺伝子病を解決するために人間の遺伝子編集を正確に行う技術を開発し改良し続けることが重要だと言っています。

2015年には中国の別の研究グループがCRISPR技術を使ってベータ地中海貧血と言う血液の疾病に関係する遺伝子について非常に高精度に遺伝子編集を試みています。悪いことに、ゲノムの他の部位に多くの予期せぬ変化が起こってしまいました。

 

中国では人間に胚に対する遺伝子組み換えが安易に行われており、世界の研究者は懸念を示しています。欧米では、研究倫理の承認がなければ、研究は行えません。さらに研究に使うすべての胚について、これらを治療のために女性に戻すことは違法とされています。日本では、厚生労働省のガイドラインにより生殖細胞と受精卵の遺伝子改変を全面的に禁止しています。これに対して、中国では、欧米の共通認識に縛られないとする思惑があるようです。

 

遺伝子を改変した胚は人間に成長することができます。この変異が子孫に受け継がれることにより、想定外の事態が起きて、人類の脅威となる恐れがあります。

 

 

Keywords

遺伝子工学 genetic engineering;遺伝子病 genetic disease;エイズ AIDS;血友病 hemophilia;ゲノム編集 genome editing;受精卵 embryo;生殖細胞 germ;地中海貧血 thalassaemia;分子のハサミ molecular scissors