医学よもやま話

医学情報をご提供します。

白内障と緑内障の違い

advertisement

白内障は失明原因第1位です。目のレンズが曇る病で、視力が徐々に失われていきます。症状としては視界がかすみ、コントラストが失われ、光の周りに暈が見えます。ほとんどの白内障は治療が可能です。傷んだ水晶体を人工のレンズと交換することにより症状が改善します。白内障の主要な原因は加齢です。

 

f:id:tpspi:20160410100018j:plain

白内障の症状

出典:http://www.tcct.zaq.ne.jp/hara-ganka-toyonaka/cataract.html

 

 

緑内障は失明原因第2位です。進行性の視神経の損傷です(眼圧の増加に関連することもあります)。病状が進むと失明につながります。緑内障の診断は眼底血圧と周辺視野を測定します。進行を抑えるには点眼剤または手術により眼底血圧の上昇を防ぎます。

 

f:id:tpspi:20160410100041j:plain

緑内障の症状

出典:http://www.ebm.jp/disease/eyes/02ryokunai/

 

白内障も緑内障も加齢の他、糖尿病、高血圧症の生活習慣病が関係しています。それゆえ、高齢者になると持病も多くなるため処方薬がこれらの病の原因となる場合がありまうので、かかりつけの医師または薬剤師に相談されることをお勧めします。アレルギーや睡眠薬のような抗ヒスタミン薬を服用している人は閉塞隅角緑内症を発症していないか眼科医の診察を受ける必要があります。

 

Keywords

加齢 aging;眼底血圧 ophthalmic artery pressure;高血圧症 hypertension;周辺視野 peripheral vision;処方薬 prescription生活習慣病 lifestyle-related disease糖尿病 diabetes白内障 cataract副交感神経抑制薬              anticholinergic;閉塞隅角緑内症 closed-angle glaucoma;薬剤師 pharmacist緑内障 glaucoma