読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

塩を使わずに塩味を出す

advertisement

電圧で味付け

 

日本の研究チームが、電流で舌の味覚を刺激して、人工的に食べ物の「塩味」を味わうことができるフォークを開発したとの報道がありました。

 

現代人の食生活改善で欠かせない「減塩」につながるとして期待されています。報道によれは、東京大学大学院情報学環・暦本研究室の中村裕美研究員は、電流を使って味覚をつくり出す方法を考え出したとのことです。

 

塩分摂取に制約のある人、高血圧症の人には朗報かもしれません。塩を使わなくとも、塩味を感じることが出来るからです。

 

f:id:tpspi:20160405183359j:plain

f:id:tpspi:20160405183415j:plain

 

フォークまたは箸に電池を入れて、食器の金属部を電極としてここから食べ物に電気与えます。電圧は低いために感電のリスクありません。

 

フォークで食べ物を刺して、口の中に入れると回路はオンになり、口からフォークを離すと回路はオフになります。フォークはスイッチとして機能します。電流を強めると、塩味が強くなります。

 現在のところ、この研究では、塩味しか作り出せていません。

 

動物は本能的に味覚により食べて良いものかどうかを判断してきました。

人間の味覚は甘味、塩味、酸味、、苦味、うま味の5つがあり、甘味はエネルギー源、塩味はミネラル源、旨味はタンパク源、それに対して、酸味や苦味は毒物や腐敗物と判断してきました。食生活の向上により、人類はいろいろな味覚を追求するようになりました。そのための料理もいろいろ研究されて、我々の生活を豊かなものにしてきました。

 

研究者によると、研究の最終目的は人類がこれまで味わったことのない味覚を作り出すことだそうです。

 

塩味以外の味蕾、臭覚、視覚が完全に解析できれば人類は調味料を使わずに味を感じることができるかも知れません。このとき料理の概念が根本から覆るかもしれません。

 

調味料の代わりにフォークや箸を使って、自分だけの味付けや、家族全員で同じ食べ物を別々の味で楽しんだり、一流のシェフの味付けで食べ物を味わうことも夢ではなくなるでしょう。

 

味覚をデータとしてYouTubeにアップロードしたり、多くの人と味覚を共有したり、ソフトウエアを使って味覚を設計出来るでしょう。

 

塩辛い食べ物が好きな人は塩を含まない食べ物を自分の好きな塩辛さで食べることができるでしょう。塩を使わずに塩味を出せるようになる日も遠く無いことでしょう。

 

Keywords

味蕾 taste bud;塩味 salty taste;甘味 sweet taste;酸味 sour taste;苦味 bitter taste;うま味 umami taste;臭覚 olfactory sense;視覚 visual sense;高血圧症 high blood pressure