読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

ザハ・ハディッド死す

生活習慣病 循環器科

advertisement

ストレスと心臓病

 

ザハ・ハディッド氏が気管支炎の治療を受けていたマイアミの病院で心臓発作で亡くなりました。イラク生まれでイギリス国籍の世界的に有名な建築家でしたが、デザインが斬新で、実際に建築されないプロジェクが多かったことからアンビルトの女王と呼ばれました。東京の新国立競技場の設計では世界の注目を集めました。

 

世間から注目を集めてる人は絶えず強いストレスと戦わねばなりません。

心臓発作の主要な原因はストレス、生活習慣病、それに加齢であるといわれています。

 彼女の場合はすべての病因が当てはまります。

心臓発作は、虚血性心疾患すなわち狭心症か心筋梗塞の発作あるいは不整脈発作です。

心臓病の治療を受けていたとの報道が無いことから、彼女は狭心症の自覚も無かったのかもしれません。

 

慢性的にストレスが高いと、血圧、血糖値の上昇により、心臓の負担が大きくなり、狭心症が悪化して心筋梗塞となり死に至ります。

 

人間の加齢は必然ですが、ストレスはコントロール可能です。ストレスに耐えられる体を作り、ストレの無い生活をしなければなりません。このため良質な睡眠と適度な運動と正しい食事で生活習慣病にならないことです。

 

ザハ・ハディッド氏のご冥福をお祈りします。

 

参考ページ

ストレスは万病の元

140 over 90

ロシアンルーレットに参加しますか?

 

Keywords

気管支炎 bronchitis;心臓発作 heart attack;虚血性心疾患 ischemic heart disease;狭心症 angina;心筋梗塞 myocardial infarction;不整脈 arrhythmia;血圧 blood pressure;血糖値 blood sugar level