読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

単焦点レンズ対多焦点レンズ

advertisement

他人事でない白内障

 

眼の水晶体が濁って眼が見えなるなる病気それが白内障です。白内障の罹患率は60歳代で6割から8割、70歳代で8割以上と言われています。人間は加齢により、眼が見えなくなっていくのでしょうか。近年、白内障は手術により、ほぼ完治します。白内障の手術では、眼の水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを入れます。

 

白内障手術をうけるとき、注意しなければならないのが眼科医と眼内レンズの選択です。

 

白内障の手術は眼科医が顕微鏡を使用した非常に細かい手術であるため、術後の患者の眼の見え方は、眼科医の技術、経験、白内障の症状により大きく左右されます。水晶体嚢の切開や水晶体の分割は難しい技術が必要なため飛蚊症、眼内レンズの偏位・脱臼、感染症などの合併症発生のリスクも有ります。

 

白内障で使用する、眼内レンズには単焦点レンズと他焦点レンズがあります。単焦点レンズには近視用と遠視用があります。いずれのタイプを使用した場合でも、レンズは1つの焦点しかないため、患者は術後、メガネが必要となります。これに対して多焦点レンズを使用した場合、ほとんどメガネが不要となります。しかし、多焦点レンズの焦点が2つの場合は見えにくい距離もあり、ピントが合わずにぼやけて見えることになります。

 

単焦点レンズは保険適用で片目で5から6万円、多焦点レンズでは自由診療となり保険が効きません、片目で30から50万円です。多焦点レンズを使用する人は全体の1から2%だと言われています。患者によっては、眼の見え方が不満で、再手術を受けて多焦点レンズを単焦点レンズに入れ替えた人もいるそうです。

 

今後、白内障のリスクが高い人は、高度な技術と経験を持った眼科医を探しておき、さらに使用するレンズの特徴を知っておくことが必要です。

 

高額な医療が安価の医療より優れているわけではありません。医療の質は医師により大きく左右されるからです。優れた医師を探すことが何より重要です。

 

Keywords

 

白内障cataract;水晶体嚢lens capsule;眼科医ophthalmologist;感染症infectious disease;飛蚊症myodesopsia;合併症complication