医学よもやま話

医学情報をご提供します。

不老不死の実現?

advertisement

ロシアの大富豪が幽霊になる?

 

人間は歳を取ると免疫力が衰え、癌になったり、感染症に罹ったりして死を迎えることになります。さらに、病気に罹らないとしても、災害や事故で命を落としてしまいます。人間は死ぬ定めなのです。

 

昔から不老不死について様々なことが行われました。

中国では秦の始皇帝が徐福に仙薬を探させたり。西洋では不死の薬として錬金術が研究されました。

 

多細胞生物である人間は生殖により命の受け渡しを行っています。したがって、人間は必ず老化し、必ず死ぬ運命にあります。

 

ロシアの大富豪が不老不死に挑戦しているとの記事を見ました。

 

ロシアの大富豪のドミトリ・イツコフ氏は人間の意識をコンピュータに融合させることを計画しています。現在35歳の彼は彼は2050年代には死亡すると予測して、彼の意識をコンピュータに移植して人工頭脳上で不老不死を実現させようと考えています。

 

彼はインターネット業界で名声を得た大富豪です。彼はこの富を使って今後、数十年間で人工頭脳上に人間の意識を実現させるための専門のチーム「2045イニシアチブ」を立ち上げました。

 

 

彼が死んだ後も、意識が存続できるように彼の意識をコンピュータに移植してホログラムやヒューマノイド・ロボットとして永遠に生き続けられるような構想を立てています。

 

彼は、今後30年で人類の意識が永遠に存続できるようになると100%確信しています。

 

彼が作成したタイムテーブルでは2020年までにアバターを実現し、意識でロボットをコントロールし、脳コンピュータ・インタフェースを通してサイバー空間上の人工知能(サイバー人間)にフィードバックさせる事を想定しています。

その後5年間で人間の意識を移植したロボットを実現させ、2035年までに人工頭脳を備えたロボットに人間の人格をもたせ、その後2045年までに人間の意識をホログラム化させたいと考えています。

 

彼の構想には現在実現されていない技術の使用を前提としているため、専門家の間では成功するか意見が分かれています(多くの専門家は実現不可能だろうと考えているようです)。彼はロボットとサイバー空間の両方で異なる体として生き続け、意識をそれらの間で行きさせたいと考えており、不老不死の実現を確信しています。

 

不老不死実現のため、彼には成功してもらいたいものです。

 

人間の意識をコンピュータに移植することは不老不死というより、死後の世界から現世に影響を及ぼすことのように思われます。いわば幽霊のようなものです。

 

 

人間は通信技術、コンピュータ技術、人工知能の技術を使うことにより、不老不死の世界を創ることになるのでしょうか。不老不死が実現できたら、コンピュータ上で人間の意識を持ったサイバー人間のネットワークが実現し、サイバー人間の社会が構築され、サイバー人間によるサイバー殺人、サイバー犯罪も起こるのでしょうか?

実人間とサイバー人間とのコミュニケーションやサイバー人間同士のコミュニケーションも取れるようになるのでしょうか。

 

非常に賑やかな社会になることでしょう。

 

 

参考文献: Russian Billionaire Seeks Immortality, Wishes To Upload His Brain Into A Computer To Live Forever

http://www.indiatimes.com/news/world/russian-billionaire-seeks-immortality-wishes-to-upload-his-brain-into-a-computer-to-live-forever-252084.html

 

 

不老不死            immortality

免疫力                immune strength

癌                        cancer

感染症                infectious disease

仙薬                    elixir

錬金術                alchemy

多細胞生物        multicellular organism

生殖                    reproduction

意識                    consciousness

人工頭脳上の不老不死                cybernetic immortality