医学よもやま話

医学情報をご提供します。

血液

高血圧の症状 ― 無症状と高血圧クリーゼ

高血圧には症状が現れないが、高くなると命にかかわる合併症が起こる。 **** 高血圧症はサイレント・キラーと呼ばれており、適切な治療を受けなければ、患者は体に異常を感じることなく血管、心臓、及び腎臓が損傷する慢性疾患を引き起こす。高血圧症が…

血圧変動の生活習慣因子と遺伝因子

高血圧の主要な原因は肥満と、塩分過剰摂取、それと遺伝である。 **** photo: タニタ体重計 血圧変動の生活習慣因子 高血圧症を発症させる最も重要な生活習慣因子はカロリーと塩分摂取である。 カロリー過剰摂取による肥満 高血圧症の有病率は体脂肪率と…

肝臓病血液検査

医師が血液検査項目を誤ると、疾病が見逃されてしまう。 **** 肝臓病の検査は次の2種類に分類されます。1番目は細胞内の酵素の外部流出などの細胞の損傷を表す検査、2番目が肝臓の実際の機能を測定する検査です。 credit: Blood Test Careme 肝臓は重…

輸血のリスク

輸血用血液は安全性が高められているが、輸血による合併症リスクが有る。 **** 輸血は一般に安全ですが、合併症のリスクがあります。合併症は輸血時、又は輸血から数週間後、数カ月後、又は数年後に発症することがあります。 credit: ニプロ採血針 アレ…

輸血

患者の病状に応じて成分輸血が行われる。 **** 輸血は提供された血液成分で患者に不足している血液成分を補うために行われます。時に、手術を受ける前に自分の血液を採取し、保存しておきこれを手術の際に輸血する場合もあります。 輸血は患者が必要な血…

急性白血病と慢性白血病の違い

体に異常な症状が現れて、様子を見ていると、死に至る場合がある。 **** 急性白血病は症状が現れてから短時間に悪化する白血病であり、慢性白血病は症状が現れるのに時間がかかりその後急激に悪化する白血病です。 Source: USC 白血病は病状が現れる速度…

白血病

血液の癌の正体 **** 白血病は血液の癌であり、骨髄、白血球の機能、及び脾臓やリンパ節のような臓器に影響を与えます。 病因 白血病発症リスクが高いものとして次のものがあります。 電離放射線の被爆歴(原爆被爆)や化学物質(ベンゼン) ある種の抗…

腫瘍マーカー

患者の負担を増やすこと無く、癌の進行状況や再発を調べる方法 **** 腫瘍マーカーとは 腫瘍マーカーは癌により作られた物質又は体の他の細胞により作られた物質です。腫瘍マーカーは癌細胞の他、正常の細胞によっても作られます。しかし、癌状態では腫瘍…

末梢動脈疾患 - 閉塞性末梢動脈疾患と機能性末梢動脈疾患

血圧を測った時左右の腕で血圧を測った時、値が違いませんか? **** 血圧を測るとき、いつもどちらの腕で測っていますか? 左腕で測った値と右腕で測った値を比べてみてください。同じ値なら問題が無いのですが、値が大きく違っていたら。それは末梢動脈…

組織プラスミノゲン活性化因子tPA

心筋梗塞や脳梗塞を防ぐために必要なこと **** 高カロリーの食事、運動不足で肥満になり、内臓脂肪が増えてしまいます。 内臓脂肪は血圧を上昇させるホルモンを分泌します。 喫煙はタバコに含まれているニコチンにより血管収縮を引き起こし、血圧上昇に…

コレステロール値とLH比

数値だけでは解らない **** コレステロールは細胞膜となる材料で必須のものですが、コレステロールが過剰になると動脈硬化を引き起こす要因にもなります。 写真出典:New Drug Could Raise Good Cholesterol and Lower Bad Cholesterol コレステロールに…

1型糖尿病と2型糖尿病の違い

糖尿病とは体が必要なインスリンを作れないために血糖値が異常に上昇する疾病です。糖尿病は大きく分けて1型糖尿病と2型糖尿病の二種類があります。 インスリンペン型注入器 糖尿病になると頻尿、喉の乾き、体重の減少、神経の損傷、感覚異常、血管の損傷、…

血小板と凝固因子による止血

血小板とは血液成分で結集し、血管の損傷を凝固により血管からの出血を止めます。 凝固因子は血小板と共に血液を凝固させるタンパク質です。 出典:http://www.thetegmentum.com 止血は損傷した血管からの出血を止める体に備わった機能です。止血には血液の…