読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

精神疾患

フォノフォビア - 騒音恐怖症

騒音により悪い記憶が呼びおこされ、何も行動ができなくなる **** 騒音恐怖症 騒音恐怖症は突然の騒音に驚き、パニックになる不安障害の一種である。この疾患は男女、人種を問わず患者数は多い。 建物には火災を知らせる火災警報器が取り付けられている…

コルサコフ症候群

アルコール中毒が進むと、無意識のうちに作り話をするようになる。 **** コルサコフ症候群は持続性のウェルニッケ脳症を発症してから現れる合併症で、記憶障害、錯乱、及び行動の変化が起こります。 **** コルサコフ症候群はウェルニッケ脳症患者が治療…

アルコールによる酩酊と禁断症状

アルコールの血液濃度が高くなると意識を失い、死に至る。 **** アルコールを摂取すると急性および慢性の症状が現れます。急性の症状としては酩酊と禁断症状があります。慢性の症状はほとんどの臓器に影響が現れます。 **** 急性の症状 アルコールによる…

双極性障害

うつ病より深刻で、自殺願望が強い精神疾患 **** 双極性障害は以前躁うつ病と呼ばれており、感情が高ぶったり(躁状態)、落ち込んだり(うつ状態)感情が極端に変化する疾病です。うつ状態になると、悲しい気分になり、希望を失い、あらゆる活動の関心…

うつ病は専門医でも容易に見つけられない

うつ病の見分け方 **** うつ病 日本人のうつ病の割合は将来に1度かかる割合は15人中1人であり、現在の患者数は300万人と推定されています。うつ病と疑われていても4人中3人は専門医の診察を受けないのが現状です。その理由は、本人がうつ病を自覚できな…