読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

眼科

視神経炎と視神経乳頭浮腫の違い

目の炎症と頭蓋内圧亢進 **** 視神経炎と視神経乳頭浮腫の違い 視神経炎 視神経乳頭浮腫 中心視力消失 あり なし 片目・両目 常に片目 常に両目 目の痛み(目を動かすとき) あり なし 直接光反射 減少 変化なし 頭部CT・MRIの所見 白質プラーク 腫瘍、…

マイボーム腺機能不全

ドライアイの原因 **** マイボーム腺は瞼の縁にある脂肪分泌腺です。マイボーム腺は脂肪を分泌して眼の表面に油膜を作り涙の水分の蒸発を防ぎます。この水分と油膜で涙の膜が作られます。 涙の膜で眼の表面を潤し保護します。涙の膜により眼で物が鮮明に…

ものもらい 

霰粒腫と麦粒腫 **** 「ものもらい」は瞼の疾病で、霰粒腫と麦粒腫に分けられます。霰粒腫は非感染性でマイボーム腺の閉塞で起こり、麦粒腫は感染により起こります。これらの疾病の初期症状として瞼の充血や浮腫、腫脹、および痛みが生じます。時間の経…

オーガスⅡ対オーレップ

網膜色素変性の最新治療法 **** 網膜色素変性は徐々に進行し、多様な遺伝変異により発症する網膜と網膜色素変性疾患です。症状として夜盲、視野狭窄、それに視力低下が起こります。 網膜には錐体細胞と桿体細胞の2種類の光受容細胞があり。錘体細胞は網…

視覚障害者用メガネ

眼が見えなくなっても、未来は明るいかもしれない。 **** 盲目の人はよく色の濃いサングラスを掛けています。このサングラスは相手に余計な気を遣わせず、不快感を与えないための配慮からきていると言われています。見えない目を相手に見せて、余計な気…

パソコンやスマートフォンから眼を守る

酷使していても気づかない **** 現在では、仕事、趣味、学業すべての情報がインターネットを介してやり取りされています。そのため、毎日、何時間もパソコンの画面に向かい合うことになり、眼が酷使されています。パソコン由来の眼の病気は看過できない…

現代人の眼の悩み

長時間、画面に向かって作業をする人の15%がかかる眼の病とは? **** パソコンやスマートフォンの画面を一日中見ていると、思いがけない眼の病にかかります。 現代人にはパソコンやスマートフォンは必需品となっていますが、画面に向かって長時間作業を…

ものもらい

まぶたが腫れて、眼科医から診てもらうと、それは「ものもらい」だと言われたことはありませんか。まぶたの周りに突然でき、少し痛みが出ます。眼科医に見てもらわなくとも、市販の目薬で治る場合もあります。 この「ものもらいの」正体を調べててみました。…

白内障と緑内障の違い

白内障は失明原因第1位です。目のレンズが曇る病で、視力が徐々に失われていきます。症状としては視界がかすみ、コントラストが失われ、光の周りに暈が見えます。ほとんどの白内障は治療が可能です。傷んだ水晶体を人工のレンズと交換することにより症状が改…

単焦点レンズ対多焦点レンズ

他人事でない白内障 眼の水晶体が濁って眼が見えなるなる病気それが白内障です。白内障の罹患率は60歳代で6割から8割、70歳代で8割以上と言われています。人間は加齢により、眼が見えなくなっていくのでしょうか。近年、白内障は手術により、ほぼ完治します…

目が赤くなったり、目やにが出たりしませんか?

結膜炎かもしれません。 完治するためには評判の良い眼科医から診察してもらう必要があります。 放っておくと、周りの人に病気を移してしまったり、慢性化したり、感染性の場合で多くの種類の薬を長期に使うと耐性菌を増やすことになり。高齢になった時、使…