医学よもやま話

医学情報をご提供します。

病理学

慢性疾患と急性疾患の違い

治らない病気と治る病気 **** Credit: 人工透析、”How Does Dialysis Work?”, Christian Fite 慢性疾患 慢性疾患は長期に患う疾患であるが、通常、急性疾患より症状が軽い。しかし、進行性、全身又は体の一部の障害、最終的には死に至ることもある。慢性…

良性腫瘍と悪性腫瘍の違い

癌化しない腫瘍と癌化する腫瘍 **** Photo: オリンパス上部消化管内視鏡 腫瘍 腫瘍は組織の腫脹であり、細胞の分裂のコントロールが出来なくなり、限りなく増殖を続ける病変である。腫瘍は新しく、活発に成長を続ける組織であるため新生物とも呼ばれる。…

胃癌ができるわけ - 組織病理学要因と遺伝子要因

ピロリ菌感染と遺伝子メカニズムの変異 **** Credit: ピロリ菌、The Cause of Stomach Ulcers! 胃癌の組織病理学的要因 胃癌の組織病理学上の特徴として腫瘍の分化、胃壁への侵食、リンパ節転移、及び腫瘍内の印環細胞の有無がある。 この他の特徴として…

肺癌の診断 ― 非小細胞肺癌と小細胞肺癌

小細胞肺癌は診断時ですでに転移している **** 肺癌の診断は採取した組織の細胞検査、喀痰検査、気管支肺胞洗浄検査、又は経気管支/軽胸腔的針吸引で行われる。 これら各検査方法で採取した腫瘍細胞の数が多ければ診断が正確になる。 孤立性肺結節 孤立…

肺癌は腫瘍遺伝子、腫瘍抑制遺伝子、及び成長因子の変化により発症

肺癌の病理学 **** 肺癌は長い年月をかけて多くのステップを経て増殖する。タバコの煙などの発癌物質により遺伝子に変異が起こり、細胞増殖の正常な制御メカニズムが機能しなくなる。肺癌は腫瘍遺伝子、腫瘍抑制遺伝子、及び成長因子の変化により発症す…