医学よもやま話

医学情報をご提供します。

呼吸器科

無気肺と気胸の違い 

肺の一部又は全部が潰れる病態と、胸膜腔に空気が貯まる病態。 **** Image: 気胸における周辺臓器の状態 Credit: “Pneumothorax What Is a Pneumothorax or Collapsed Lung Video About com” 無気肺 無気肺は片方の肺の一部又は全部に影響を及ぼす肺組織…

湿性咳と乾性咳の違い

痰を伴う咳と伴わない咳 **** 痰を伴う咳と伴わない咳 咳には粘液(痰)を伴う咳と粘液を伴わない咳がある。前者を湿性咳と呼び、後者を乾性咳とよぶ。これらの咳は異なる疾患によるものである。 乾性咳では、喉に痒みと渇きを感じる。エアコン使用時の…

「おくび」と「しゃっくり」の違い

おくびは食道や胃からのガスの放出による。しゃっくりは横隔膜の不随意の収縮と喉の筋肉の反射作用による気管閉塞である。 **** Credit: パスタ早食い競争、“World Pasta Eating Championship (World Record Broken)” おくび おくび(ゲップ)は食道又は…

結核と肺炎の違い

結核は肺又はその他の臓器の細菌感染であるが、肺炎は肺の多種の病原体による感染である。 **** Credit: “Pneumonia”, EmpoweRN 結核 結核は伝染性の致死性の法定伝染病で体全体に症状が現れるが、主に肺に感染する。主な原因菌は結核菌である。 リスク…

メンデルソン症候群 ― 誤嚥性肺炎

低酸素血症性呼吸不全に至る疾患 **** Photo: Dr. Curtis Mendelson 全身麻酔患者が発症する疾患 1946年に産婦人科医カーティス・メンデルソン(Curtis Mendelson)が全身麻酔による無痛分娩の後では重度な誤嚥性肺炎が高率で発症していることを報告した…

嚥下と咳反射の機能不全 ― 誤嚥

気道保護メカニズムの障害 **** Photo: ガムを噛んで嚥下力を強化する。 誤嚥は気体以外の異物を肺に吸い込むことである。誤嚥物は主に胃内容物や口腔咽頭の分泌物である。 臨床的に有害な誤嚥 ほとんどの誤嚥は自然治癒する。臨床的に有害な誤嚥として…

酸素投与による肺の障害

高濃度の酸素供与は肺に有害である。 **** Photo: 酸素吸入用フェイスマスク 低酸素呼吸障害では酸素投与が必要になる。 急性呼吸窮迫症候群などの重度の低酸素症の場合、高濃度の酸素供与が長時間に渡り必要になる。しかし、空気に含まれている酸素より…

一酸化炭素中毒 ― どこにもリスクがある

治療を誤ると神経精神的な症状に長く悩まされる。 **** Credit: 七輪の危険性、アウトドアまとめ 一酸化炭素は炭素含有の燃料を燃焼させると発生する。 炭素系燃料はいたるところで使われているため、煙を吸い込むことは一酸化炭素を吸い込むことである…

火災で煙を吸ってはいけない理由

煙吸入と気道熱傷 **** Credit: 糸魚川大火、新潟テレビ21 火災による多くの人が煙を吸入して、熱傷により気道や肺に障害が起き、死に至っている。 熱傷罹患部位 煙が上気道に入ると熱は急激失われるため、直接の熱傷の多くは声門上気道に限定される。 …

潜水で起こる病気 - 減圧症

スキューバダイビングで起こる症状と治療 **** Credit: Scuba Diving, SDI TDI ERDI 水深6メートル以上の潜水を行うと周辺圧力の低下により、数分から24時間以内に体に症状が現れる。 症状の種類と程度は周辺圧力の変化の回数と大きさにより異なるが、個…

スキューバダイビングと減圧症 - 減圧症のシナリオ

気圧の変化で発生したガスの泡で臓器に虚血が生じる **** Photo: スキューバダイビングによる海底の撮影 潜水降下時 スキューバダイビングで潜水降下すると、周囲圧力が増大し、スクイーズによる顔や副鼻洞に痛みが生じる。 マスク内が陰圧になり、眼窩…

スキューバダイビングは適切な指導が必要 - 減圧症とは

急激に周辺圧力が変化すると神経障害や心肺障害が起こる。 **** Credit: スキューバダイビング、新島・式根島ロケーションボックス 周辺圧力の変化による疾患 周辺圧力が変化すると身体に様々な症状が現れる。その原因は空気が満たされている部位のガス…

富士登山で高山病にならないために

標高の高い山を短時間で登ると高山病にかかるリスクが高くなる。 **** Credit: 富士登山、夏の富士登山とご来光 2016年夏期の富士山の登山者数は24.8万人であった。そのうちの多くが弾丸登山を行った。 弾丸登山は、山小屋で宿泊するなど十分な休息をと…

溺水患者の病理から予後まで

溺水による体内の変化と治療 **** Photo: 遊泳禁止標識 溺水は水没により呼吸障害が起こり、酸素が欠乏し、肺や脳など複数の臓器が損傷する。治療としては呼吸停止、心臓停止、無酸素症、低換気、及び低体温症の改善である。 飲酒、4歳未満の幼児、及び…

閉塞性睡眠時無呼吸とは

無呼吸状態が頻繁に起こると心臓血管疾患や認知障害のリスクが高まる。 **** 閉塞性睡眠時無呼吸は睡眠時に上気道の周期的な無呼吸の慢性的病態である。症状や徴候として睡眠が妨げられ、過剰な昼間の眠気と大きな「いびき」を特徴とする。 成人では、睡…

肺炎の院内感染予防

予防の中心は医療従事者の教育、アルコールによる手の消毒の徹底、多剤耐性菌の隔離である。 **** Photo: 気管内チューブ、Emergency Live 予防の中心 予防の中心は医療従事者の教育と患者に接する前後のアルコールによる手の消毒の徹底である。 病原体…

肺炎治療

経験的抗生剤治療により、肺炎の重症化を防ぐ。 **** Credit: 静脈薬剤投与、IV infusion start 初期経験的治療 患者の病状が不安定、敗血症の恐れがある、又は院内感染の疑いがあるときは、下気道からのサンプルの顕微鏡検査で細菌が検出できなくとも、…

喉の不快な症状の直し方(その2)

簡単な自然療法を試す、効果がなければ、原因を取り除き、最後は薬剤に頼る。 **** photo: ユーカリオイル 生薬や自然療法を試す ユーカリオイルを使用する。ユーカリオイルは痰を抑える薬として長らく使用されている。 ユーカリオイルの効果的な方法は…

肺炎の院内感染とは

肺炎の院内感染による死亡率は30から50%と高率である。 **** 疫学 入院4日以内で感染する早期の肺炎や人工呼吸器による肺炎は抗生物質耐性細菌によるものが多く、入院後しばらくしてから感染する遅発性肺炎は病状が重く、致死率が高い多剤耐性病原体に…

誤嚥性肺炎の検査方法と原因微生物

誤嚥性肺炎は多菌感染症と考えることができる。 **** 検査方法 誤嚥性肺炎の診断は臨床的な疑いの程度による。気管分泌物に食べ物の一部又は脂質を帯びたマクロファージを含んでいる場合は誤嚥性肺炎が強く疑われる。経管栄養患者の呼吸分泌物には低濃度…

誤嚥性肺炎とは

歯垢は誤嚥性肺炎の原因になる **** credit: 歯垢除去、歯の教科書 疫学と病理 肺炎の主要な原因として微量誤嚥(マイクロアスピレーション)があげられる。口腔咽頭物(食べ物の破片)を誤嚥することにより細菌性肺炎が起こる。誤嚥は神経筋障害又は薬…

肺炎治療後の管理と抗生剤治療で効果が現れない場合

肺炎患者の約10%で治療効果がなく、25%で合併症が現れている。 **** 肺炎治療後の管理 抗生剤治療で効果があっても、臨床的な症候や症状が消えるのと比較して、胸部X線画像で病変が消えるのには時間がかかる(6から8週間)。 胸部X線写真の病変が完…

肺炎の治療期間

コミュニティ肺炎患者は少なくとも5日間抗生剤治療を受けなければならない。 **** photo: 細菌培養 ほとんどの肺炎患者は経験的抗生剤を3日服用すれば効果が現れる。患者の症状が悪化したり、病原体培養結果が他の薬剤への変更の必要性を示さない限り72…

肺炎治療における経験的抗生剤投与

病原体の特定が困難で時間がかかるため、最初に経験的抗生剤投与が行われる。 **** photo: 胸部X線写真 コミュニティ肺炎患者には血中酸素濃度の測定、経験的抗生剤投与、感染菌特定のための採血と培養、培養結果に基づいた抗生剤治療、禁煙の徹底、及…

気管支鏡でできること

肺炎や肺癌の検査と治療に使われる肺カメラ。 **** credit: 気管支鏡アッタチメント、KARL STORZ 気管支鏡による検査 気管支鏡は非直視下生検で、気道を直接観察し、肺の実組織にアクセス可能である。気管支鏡は気道閉塞の治療に使用されているが、超音…

肺炎予防

肺炎ワクチンは肺炎による死亡を約50から80%低減させている。 **** photo: 肺炎球菌ワクチン「ニューモバックスNP」 **** 肺炎は病状が重く、死に至る危険性が高いため、肺炎感染予防が必要である。肺炎予防に重要であるが、軽視されていることとし…

気管支鏡による肺炎検査

肺炎患者の診断が遅れた場合に重大な影響が有る場合に気管支鏡が使用される。 **** credit: Bronchoscope, 日本呼吸器内視鏡学会 下気道感染は病状が重く、致死率が高い。しかし、病原体を調べるために分泌物が肺から喀出されるのを待ったり、肺から分泌…

肺炎免疫検査

適切な検査法によらないと、過小診断のおそれがある。 **** photo: 免疫蛍光検査装置、ビオメリュー 臨床で患者が特定の病原体に感染しているとが強く疑われるときは、免疫検査法で病原体を特定する。免疫蛍光検査法、酵素免疫測定法、抗原検出法、ポリ…

過眠症 ― 閉塞性睡眠時無呼吸とナルコレプシー

患者が制御できない突然の眠気。 **** 閉塞性睡眠時無呼吸 閉塞性睡眠時無呼吸の主な症状として過眠症が現れる。成人女性の2%、成人男性の4%が発症。大きないびきをかく肥満の人に多く見られるが、子供でも、痩せ型の人でも生じる。 閉塞性睡眠時無呼…

肺炎の病理学的検査 ― 喀痰培養と細菌培養

病原体が通常の治療法で対応できない場合に限り喀痰のグラム染色と培養が行われる。 **** 喀痰グラム染色及び培養 肺炎が疑われる患者に対して病理学検査を行うことについては効果を疑問視する意見が多い。検査をしても、肺炎患者の半数で病原体が検出で…

胸部X線撮影による肺炎検査

画像から原因病原体や合併症を読み解く。 **** photo: X線撮影装置 肺炎の疑いがあるときは前後方向及び横方向のX線撮影を直ちに行う。浸潤によっては特定の微生物の病因を検出することができないが、胸部X線撮影により肺の合併症の可能性や、病変の分布…

細菌性肺炎 ― 定形病原菌と非定型病原菌

肺炎では複数の細菌による混合感染が増えている **** photo: オムロン電子体温計 感染原因病原体 肺炎患者の約50%でしか病原体が判明していない。患者の感染原因病原体は患者の疫学要因、病気の重症度などで異なる。 肺炎レンサ球菌と肺炎マイコプラズ…

肺炎の症状

高齢者や免疫不全症患者では顕著な症状が現れない。 **** credit: Stethoscope, MDF Instruments 呼吸器に新たに異常な症状が現れたら肺炎の可能性を疑う。特に発熱、咳、痰、呼吸困難があり、胸部聴診でラ音が聞こえる場合は可能性が高い。 高齢者や免…

肺炎の原因

寝る前に歯磨きをしないと、肺炎になることがある。 **** 口腔咽頭物質の誤嚥 口腔咽頭物質(歯に付着した食べ物の滓や歯垢など)の微量誤嚥により肺に感染が起こる。これが肺炎で一番目に多い原因である。健康な人でも睡眠時に肺炎の原因が作られている…

肺癌の危険因子

タバコだけでなく周囲の発癌物質に注意しなければ肺癌のリスクは無くならない **** タバコの喫煙と肺癌との関係 タバコの喫煙が肺癌の原因の約85から90%をしめている。タバコの煙には40種以上の発癌物質を含む。発癌リスクは1日に吸うタバコの本数、喫…

肺癌の種類と疫学 ― 癌死亡の男性第1位、女性第2位は肺癌

タバコを吸い続けていると、高齢になってから肺癌で苦しむことになる。 肺癌の種類 肺癌は気道上皮に生じる。肺癌は主に非小細胞性肺癌と小細胞性肺癌の2つのグループに分類される。小細胞性肺癌は肺癌全体の約85%を占める。この他の呼吸器系の癌として腺扁…

呼吸困難

日常生活で息が苦しくなるときは心臓又は肺の異常である **** 呼吸困難は呼吸が苦しくなる臨床症状で、通常心臓血管又は肺疾患で現れる。体系的な検査により、ほとんどの場合、原因の特定が可能。 急性呼吸困難は心筋梗塞、心不全、重度の高血圧、心膜タ…

多くの成人が喘息と誤診されている

喘息と誤診された患者の多くは、命に関わる疾患が見逃されている **** credit: Asthma, WebMD 喘息の誤診についての研究 カナダの研究チームが2012年から2016年にかけて行った喘息患者に対する研究によると、喘息と診断された成人で3人に1人が慢性肺疾…

吐血と喀血の違い

吐血は胃からの血液でどす黒く、喀血は肺からの血液で鮮やかな赤色である。 **** credit: 体の教科書 吐血 吐血は血液を胃から吐くことである。嘔吐物の色は吐血時の胃の内容物の量と性質及び血液が胃に存在する時間により異なる。胃酸は血液の色を鮮や…

肺結核の症状と検査

BCGの効果が切れて、肺結核患者が増加 **** 肺結核の集団感染は病院や老人ホームだけではありません。警察の留置所でも起きていました。それにより、留置を担当する警察官も結核にかかっていました。結核は身近にあります。 結核に罹っていることに気づ…