読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

交感神経受容体遮断薬 - α、β、及びαβ受容体遮断薬

**** photo: プラゾシン、 α遮断薬 交感神経の興奮が心臓洞房結節のβ受容体に作用すると心拍数と心拍出量が増大する。末梢血管のα受容体に作用すると血管収縮が起こる。交感神経系が作動し続けることにより、血管再構築、レニン分泌、及び遠位尿細管によ…

カルシウム拮抗薬

長時間作用型ジヒドロピリジン系が効果、忍容性、安全性が最も優れている。 **** photo: ジヒドロピリジン系アムロジン 作用機序 カルシウム拮抗薬は心筋細胞及び血管平滑筋細胞の電位開口型Ca2+チャネルを塞ぐため、不整脈、狭心症、及び高血圧に効果が…

高血圧治療薬ACE阻害薬とARB

ACE阻害薬とARBは他のクラスの高血圧薬と併用することにより高い効果が得られる。 **** 作用機序 高血圧治療薬アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬およびアンジオテンシン受容体遮断薬(ARB)はレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系に作用する薬剤…

高血圧治療薬としての利尿薬

利尿剤は最も古く、安価で、最も効果のある高血圧抑制薬である。 **** photo: ループ系利尿薬トルセミド 作用機序 利尿剤による治療を開始することにより、血液量が減少して血圧が降下する。治療を継続すると、血液量は元に戻るが、血管拡張メカニズムに…

オピエートとオピオイドの違い

オピエートは天然の鎮痛薬であり、オピオイドは同じ効果のある合成薬である **** 市販の鎮痛剤で痛みがとれないときは、人はより強い薬を服用するようになる。強い鎮痛剤は所定の用量と日数を守らないと、依存症になる。 オピエートとは オピエートは天…

飲み残しの薬の安全な廃棄方法

薬は安全に廃棄しないと、人や動物を害したり、環境破壊につながる **** 飲み残した薬は薬品で処理してから下水に流しても良いものだろうか? 専門家は可能だと言う。しかし、薬は多くの種類があり、成分も異なっているため家庭で安全に廃棄することは困…

ある婦人の深刻な症状 ― 高血圧患者の急激な血圧降下

加齢は薬剤に対するリスクを高める **** いつも元気いっぱいな婦人が急に元気が無くなってしまった。顔色が悪く疲れているように見える。目はどんよりとして、弱々しく笑うのがやっとであった。 この婦人は、知り合いに進められて、クリニックに行ってみ…

免疫療法

最も進歩した癌治療法 **** 近年の癌研究で最も進歩した治療法の一つが免疫療法です。免疫療法薬オプジーボは前京都大学医学部教授の本庶佑氏の研究チームが開発に貢献し、また年間服用した場合の費用が3500万円かかることでも有名です。 credit: Opdivo…

ジェネリック - 先発薬対後発薬

小さくケチって大きく損する! **** 調剤薬局に行くと「ジェネリックにしますか?」と聞かれます。 これは国の薬剤に対する負担が2兆円に達しているため、負担を減らすために厚生労働省が調剤薬局に対して指導しているからです。 最近ものすごく高額な薬…

プリンスの死とオピオイド

鎮痛剤の安易な使用は死に至る **** アメリカの歌手プリンス・ロジャース・ネルソンが5月4日亡くなりました。 ニューヨーク・タイムズにプリンスの死亡記事が出ていました。 プリンスの清潔なライフスタイルは広く知られていました。 彼は完全菜食主義…

市販薬で認知症患者の脳の萎縮が進行する?

自分の命は自分で守る **** 軽い頭痛を感じたり、風邪を引いたり、花粉症で鼻水が出る場合は、医師の処方箋がなくとも薬局で市販薬を購入して、治すことが出来ます。 体の不調を治したり、軽減するために市販薬に走る行為は軽率な行為かもしれません。 …

薬と医学的エビデンス

信じる者は救われる? ブラジルでは臨床試験が行われていない薬の使用を認める法律が通りました。 ネーチャーによるとブラジルの癌研究者はその薬が本当に効くか警告しているそうです。 フラジルのルセフ大統領は、癌患者が臨床試験が行われていない「奇跡の…

化学療法における耐性

癌研究は日々進歩している 癌治療の3本柱は、放射線治療、腫瘍摘出手術、それに化学療法です。 化学療法は薬剤で癌細胞を死滅させるための治療法です。癌治療薬は最初は癌細胞を死滅させることができても、使用を続けていると、徐々に効かなくなります。癌細…

中国人民解放軍が中国人民を病気から救う?

患者一人に投与される薬の年間の費用が3500万円! 以前、エボラ出血熱が流行した時、有効な薬がありませんでしたが、唯一、富士フィルム・グループの富山製薬が開発したアビガンが有効かもしれないというニュースがありました。 それからしばらくして、中国…