読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

気管支鏡による肺炎検査

肺炎患者の診断が遅れた場合に重大な影響が有る場合に気管支鏡が使用される。 **** credit: Bronchoscope, 日本呼吸器内視鏡学会 下気道感染は病状が重く、致死率が高い。しかし、病原体を調べるために分泌物が肺から喀出されるのを待ったり、肺から分泌…

CTとMRIの違い

CT(computed tomography)はコンピュータ断層撮影であり、MRI(magnetic resonance imaging)磁気共鳴画像撮影である。 **** CTは骨の損傷を検査、肺や胸の疾患、及び癌の発見に最適である。MRIは靭帯や腱の損傷、脊髄損傷、脳腫瘍の検査等に適している…

内視鏡検査における合併症

検査を受ける前に合併症リスクを知る必要がある。 **** 内視鏡検査は非常に安全な検査法ですが、後遺症が出る場合もあります。 Credit: Gatoru stand トヨダプロダクツ

内視鏡検査

内視鏡の進歩により胃腸管が最もアクセスしやすい臓器になった。 **** 内視鏡の重要性 内視鏡は胃腸管に容易に挿入できるため、胃腸管は他の臓器より検査や施術が容易になっています。 造影撮影と比較して、内視鏡検査の主要な利点は消化管の患部を直接…

オーガスⅡ対オーレップ

網膜色素変性の最新治療法 **** 網膜色素変性は徐々に進行し、多様な遺伝変異により発症する網膜と網膜色素変性疾患です。症状として夜盲、視野狭窄、それに視力低下が起こります。 網膜には錐体細胞と桿体細胞の2種類の光受容細胞があり。錘体細胞は網…

サイバーナイフ – 定位放射線手術

外科医の仕事が激変するかもしれない **** サイバーナイフは体を傷つけることなく体内の腫瘍を除去するための放射線治療装置で、ガンマナイフとともに定位放射線手術に分類されます。 サイバーナイフはコンピュータを使って正確に患者の腫瘍等の病変に放…

人工腎臓

持ち運べる透析器出現か? **** 腎臓の機能が低下すると、老廃物を体外に排出できなくなるため、尿毒症にかかり命を失うこともあります。 糖尿病や高血圧により、腎臓の機能が徐々に損なわれる、慢性腎臓病にかかった場合は、腎臓移植か透析が必要となり…

iPS 細胞の他家移植

実用段階に近づいたiPS細胞による再生医療 **** 他家移植とは同じ種族で遺伝子が異なるドナーから細胞、組織、又は臓器を移植することです。 Credit: サイラ 他人のiPS 細胞から作った網膜組織を、視野が歪む、滲出型加齢黄斑変性の患者に移植する臨床研…

心臓カテーテル検査と冠動脈造影

狭心症や心筋梗塞を確実に見つける方法 **** 心臓カテーテル検査と冠動脈造影を同時に行うことにより、冠動脈の疾病が正確に診断出来ます。心臓内部の血圧の測定や冠動脈内部が撮影出来、血管形成術や冠動脈バイパス手術が技術的に可能か判断することが…

NASHとフィブロスキャン

非アルコール性脂肪性肝炎 *** テレビ東京の「主治医が見つかる診療所」と言う番組(2016年5月30日放送)でNASHが取り上げられていました。 肝機能を現す指標としてガンマGTPがありますが、その他にNASHと言う指標があります。NASHはNon-alcoholic steato…

新しい放射線治療法 -- ホウ素中性子捕捉療法

原子力施設での癌治療が病院でも可能になる! **** 国立癌研究センター中央病院は中性子線を活用して癌を治療する施設が完成し、2017年春から治験を開始するとの報道がありました。 イメージ出典:国立癌研究センター中央病院ホームページより 新たな治…

MRI 磁気共鳴画像法

致死率の高い疾病を見つけてくれる現代の救世主 **** MRIの歴史は1946年にFelix Bloch、Edward Purcell がNMR(核磁気共鳴)信号を発見したことに始まります。1982年に中津川市民病院に日本国内で最初に診療用のMRI装置が導入されました。2003年にはMRI…

医療用造影剤

大きな成果のためのリスク **** 現代の3大疾病は癌、心筋梗塞、脳卒中で日本人の死因の6割を占めています。 早期に診断ができ、適切に治療が行えれば、死に至ることはありません。 そのため、疾病の前段階を捉えるために健康診断や人間ドックが重要にな…

iPS細胞の臨床応用を阻害しているもの

「遅い、高い、危険」から「早い、安い、安全」へ **** 京都大学のiPS細胞研究所の山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞したのは2012年のことでした。これ以降、再生医療に注目が集まり。一部臨床試験も開始されているとの報道も耳にしますが。最近…

ゲノム編集

ゲノム編集は分子のハサミを利用して生物のゲノム内でDNAを挿入、削除、または置換を行う遺伝子工学の手法です。植物や微生物の遺伝子を改変して、医薬品や香料の原料などの効率的な大量生産が可能となり、血友病ややエイズなどの治療や、海産物、農作物、や…

中東の砂漠で急病になっても日本の医師から診てもらえる

ハイテク医療 僻地では医師不足が深刻です。医師のいない地域で急病になったら、命にかかわるかもしれません。しかし、近年、行政は過疎氏の住民の救急医療をおこなうためにドクターヘリを用意しています。ドクターヘリには救急病院の医師を載せ、搬送中に診…

失うことは悪いことではない!

障害者となった人に器具を取り付けたり、インプラントを埋め込んだりして、失われた機能を取り戻す 人が障害を負った場合、器具を体外に取り付けたり、インプラントを体内に埋め込むことにより、失った機能を取り戻すせるようになりました。 歯を失えば、差…