読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

めまいの原因を特定する ― めまいとバーティゴ

何ら病気にかかっていない場合から重症な疾患の症状の場合まである **** めまいはそれ自体が病気ではなく、体に異常によるものと、よらないものがある。原因の特定、治療の必要性、及び治療法は症状が現れる状況により異なる。 食べ過ぎによるめまい あ…

喉の痛み ― ウイルス性、細菌性、非感染性の違い

喉の痛みが取れないときは、風邪以外の疾患を疑う **** 喉の痛み(咽頭炎) 喉の痛みは咽頭を保護する粘膜の炎症により現れる(咽頭炎)。喉の痛みは様々な原因で起こるが、主な原因として風邪やインフルエンザがあげられる。喉の痛みは感染性と非感染性…

インフルエンザ性肺炎、RSV、鳥インフルエンザ、SARS

インフルエンザ性肺炎 持病のある患者や介護施設入所者で特に適切なワクチン接種をしていない患者では呼吸器感染の鑑別診断においてはインフルエンザ性肺炎を考慮する必要がある。 RSV 呼吸器合胞体ウイルス(RSV)やパラインフルエンザウイルスはこれまで主…

肝臓病の画像検査と生検

最新の画像検査法では合併症のリスク無く良好な診断結果が得られる。 **** 超音波検査 一般に肝臓病の検査には腹部単純X線写真の代わりに超音波検査が行われます。超音波検査では肝実質組織のびまん性異常(例えば、急性ウイルス性肝炎)、非アルコール…

目視による肝臓病の診断

患者の腹部をすぐに触診するのではなく、病気の重要な手がかりを確実に目視する必要がある。 **** 全身の状態 肝臓病が疑われる場合は、目視で得られる肝臓病の重要な手がかりを逃してはなりません。患者に黄疸、筋肉萎縮、皮膚紅斑、腹部膨満、及び末梢…

肝臓病血液検査

医師が血液検査項目を誤ると、疾病が見逃されてしまう。 **** 肝臓病の検査は次の2種類に分類されます。1番目は細胞内の酵素の外部流出などの細胞の損傷を表す検査、2番目が肝臓の実際の機能を測定する検査です。 credit: Blood Test Careme 肝臓は重…

肝臓病の症状

肝臓の状態が気になるようになったら、手遅れの場合が多い。 **** 肝臓病の多くの症状は疲れやすさなど非特異的な症状です。鑑別診断で肝臓病と診断されなければ、症状が肝臓病によるものであるとわかるまでに、時間がかかってしまいます。 患者に自覚症…

肝臓の働きと肝臓疾患

肝臓の機能、血流、胆管系との関係から、肝臓疾患は多様な形態で発症する。 **** 肝臓の働き 肝臓は多くの重要な機能があります。消化した食べ物の代謝、アミノ酸からタンパク質を産生、服用した薬剤の無毒化、腸から吸収された窒素含有物質を尿素に変換…