読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

免疫

側頭動脈炎 - 巨細胞性動脈炎

高齢者に見られる頭痛で、合併症として失明の可能性がある **** photo: プレドニゾン、側頭動脈炎治療薬 疫学 側頭動脈炎は高齢者に多く見られる炎症である。原因は不明であるが、遺伝子が関係していると考えられている。良く見られる症状として頭痛があ…

全身性アナフィラキシー発症のメカニズム

アナフィラキシーはマスト細胞と好塩基球が関係している **** マスト細胞と好塩基球が活性化すると、伝達物質が作られアナフィラキシーの徴候と症状が現れます。これらの細胞の表面には免疫グロブリンE(IgE)の高親和性受容体であるがFcεRIが発現されま…

全身性アナフィラキシー

の蜂刺されは軽度であっても、2度目は死に至る場合がある。 **** 全身性アナフィラキシーは即時に現れる過敏症反応です。マスト細胞や好塩基球が刺激を受けると、これらの細胞は伝達物質を分泌して、強力に血管に作用し、平滑筋を収縮させ、全身性アナ…

乾癬の合併症

頭皮の落屑と結膜炎や眼瞼炎はリンクしている **** 乾癬は多くの身近で、深刻な病を発症させるリスクがあります。乾癬は長い付き合になるため、症状を悪化させたり、合併症が起きないように日々注意する必要があります。症状が悪化したり、不安があると…

アレルギー疾患

衛生状態の向上により小児のアレルギーの患者数が増加した! **** アレルギー疾患とは 特定の抗原を識別する免疫グロブリンE(IgE)抗体を持っている人は特定のアレルゲンによりアレルギー疾患を起こします。特定のIgE抗体を有する人がすべてアレルゲン…

アレルギーの症状と治療法

体の組織が免疫系により攻撃される内因性疾病 **** アレルギーとは異物に対して体の免疫システムが異常又は過剰に反応することです。体の器官に対しても異常な免疫反応が起こります(自己免疫疾患)。 credit: 喘息薬 アドエア グラクソ・スミスクライン…

水痘帯状疱疹ウイルス

帯状疱疹の原因 **** 水痘帯状疱疹ウイルスの一次感染で水痘が現れます。ウイルスは神経に潜伏感染し患者が高齢になると帯状疱疹として発症します。 Credit: 東和薬品 抗ウイルス薬―アシクロビル 帯状疱疹の罹患 水痘罹患者の約30%が帯状疱疹に罹患し…

帯状疱疹

水疱瘡と帯状疱疹 **** 水疱瘡のウイルスのウイルスが神経に残っており、ストレスなどで免疫力が低下すると現れる疾病です。1つの神経支配領域に起こります。帯状疱疹の症状として痛みと水泡が現れます。 帯状疱疹はウイルス感染症で痛みのある発疹が出…

1型糖尿病患者への福音

豚の膵臓分泌細胞を人間に移植 **** 日本には推定500,000万人の1型糖尿病患者がいます。 1型糖尿病はインスリン依存性糖尿病又は若年性糖尿病と呼ばれており、体の免疫系が膵臓のインスリン分泌細胞を攻撃し、これらの90%以上が破壊されています。従っ…

後鼻漏

喉に不快な症状はありませんか? **** 毎日、喉に何かが残っているような感じがして、咳払いをしてもスッキリせず、耳鼻咽喉科で診察を受けても、何ら異常はないと言われ、いつも咳払いをしてしまい、自分だけでなく周りの人に迷惑をかけてしまいます。…

ウイルスの正体

人類の絶滅や進化に関与 **** ウイルスには、インフルエンザウイルス、ノロウイルス、ジカウイルスデング熱ウイルス、HIVなど数百種類のウイルスがあります。 ウイルス感染すると、細胞死、長期に渡り発症しない潜伏感染、感染した細胞の癌化が起こりま…

蜂に刺されたときの対応

アナフィラキシー反応が起こると命にかかわる! **** 野や山でなくとも、住宅の軒下にも蜂を見かけることがあります。蜂に刺されると、痛いだけでなく、命にかかわることもあります。山歩きする人は特に蜂に対する対応を考えておいたほうが良さそうです…

免疫チェックポイント阻害剤 -- 癌治療薬の最前線

日本発の画期的な薬が、アメリカとの共同開発で非常に高額な薬になってしまった! **** 免疫反応時に、免疫システムは潜在的に有害な物質の攻撃をオンにします。更に、免疫システムは攻撃をオフにする手段も持っています。免疫システムはこれら機能によ…

筋肉を増強して免疫力を向上させる

手抜きをしなければ、報われる! **** 熊本地震の被災民は集団生活によるストレスのために、感染病リスクが高くなっています。 感染病を防ぐには免疫力を高めることです。病原体に感染すると筋肉からグルタミンを放出します。グルタミンはリンパ球を活性…

抗生物質と耐性菌

人間も進歩するが、細菌も進歩する! **** 微生物を死滅させるために抗生物質が使われています。 微生物(細菌、真菌、ウイルス)は最初は人体の防御をすり抜ける手段を持ちませんが、時間をかけてすり抜ける手段を獲得します。例えば、ある種の微生物は…

地震と感染病予防

ストレスにより感染病が広がる 地震が起こると、家屋の倒壊などで、避難所生活を余儀なくされます。 狭いスペースに多くの人達が暫くの間生活をするわけです。家族でも狭い場所での生活はストレスがたまりますが、まして知らない人々との共同生活は大変なも…

花粉症の治療

市販薬の安易な使用は症状を慢性化させる ! **** 花粉症はアレルギーの一種で、植物の花粉が鼻や目の粘膜に接触することにより引き起こされ、発作性の症状が特徴的です。 写真出典:花粉症対策 花粉症は季節的または通年発生し、花粉または他のアレルゲ…

昔は、まじないで病気を治おした?

病人がまじないを強く信じた場合、偽薬のように作用することがあります。まじないいで自己暗示がかかり。病気が治ると思うことにより、ストレスが取れ、免疫力が向上します。病人の自然治癒力が機能し、病気から回復することがあります。 人間の体には免疫力…