医学よもやま話

医学情報をご提供します。

「おくび」と「しゃっくり」の違い

おくびは食道や胃からのガスの放出による。しゃっくりは横隔膜の不随意の収縮と喉の筋肉の反射作用による気管閉塞である。 **** Credit: パスタ早食い競争、“World Pasta Eating Championship (World Record Broken)” おくび おくび(ゲップ)は食道又は…

肛門裂傷と痔の違い 

肛門内壁の破れと肛門静脈の肥大である。 **** 肛門裂傷 肛門裂傷は直腸下部(肛門管)の内壁の破れであり、便通時に痛みがでるが、重症化することはない。 肛門裂傷は年齢に関係なく生じるが、特に健康な若年層に多く生じる。 肛門裂傷の原因には硬く大…

全身麻酔と局所麻酔の違い

リスクと意識消失の有無。 ***** Credit: 歯科治療における局所麻酔、“Chairside Magazine V10-1: Local anesthesia for dental professionals”, Glidewell Dental 全身麻酔 全身麻酔では患者に対して一時的な筋肉の麻痺、意識喪失、痛みの緩和が行われ…

便秘と宿便の違い

排便を我慢すると、便秘になり、便秘を放置すると宿便になる。 **** Credit: 便秘予防としての繊維質としての野菜の摂取、“9 Constipation Life Hacks That Actually Work | Hack My Life #20”, Niki Sky 便秘 便秘は排便の回数が少なくなるか、便が硬く…

結核と肺炎の違い

結核は肺又はその他の臓器の細菌感染であるが、肺炎は肺の多種の病原体による感染である。 **** Credit: “Pneumonia”, EmpoweRN 結核 結核は伝染性の致死性の法定伝染病で体全体に症状が現れるが、主に肺に感染する。主な原因菌は結核菌である。 リスク…

腸捻転と腸閉塞の違い

腸捻転で腸閉塞が起こる。 **** 腸捻転 腸捻転は腸自身のねじれであり、多くはS状結腸に多く見られるが(90%以上)、盲腸や横行結腸でも多く見られる。高齢者はリスクが高い。大腸が腸間膜と癒着すると腸捻転により腸閉塞が起こる。 腸捻転患者には慢…

体循環と肺循環の違い

酸素、二酸化炭素、栄養分、及び老廃物の循環路 **** Credit: “Pulmonary and Systemic Circulations”, Educational channel 体循環 体循環は酸素と栄養分を含んだ血液が心臓の左心室から大動脈及び他の動脈を通り全身の毛細血管に送られ、二酸化炭素と…

「おくび」と「おなら」の違い

おくびは吸い込んだ空気の口からの排出で、おならは腸内細菌が作った二酸化炭素とメタンガスの肛門からの排出である。 **** Photo: 炭酸飲料でおくび(ゲップ)がでる。 おくび おくび(ゲップ)は食道又は胃からの不随意又は随意のガスの放出であり、通…

心房と心室の違い

心房は肺と全身から血液を受け入れ、心室は血液を肺と全身に送り出す。 **** Credit: “The Anatomy of the Heart”, Wisc-Online 人間の心臓は2つの心房と2つの心室に区分されている。 心臓は血液を血管を介して体の隅々まで送る臓器であり、肺循環と体循…

捻挫と挫傷の違い

無理な姿勢を長時間続けると歩行が困難になることがある。 **** Credit: “Treatment for Ankle Sprain or Twisted Ankle”, Epainassist.com 捻挫は靭帯の損傷であるのに対して。挫傷(筋違い)は筋肉又は腱の損傷である。 捻挫と靭帯の症状は多くの点で…

血栓と塞栓の違い

出血性梗塞は塞栓と再灌流により生じ、虚血性梗塞は血栓により生じる。 **** Credit: “What is the difference between a blood clot and a thrombus?”, Bioiberica SAU 脳梗塞には出血性と虚血性があり、それぞれ赤色梗塞と白色梗塞と呼ばれている。 血…

感染症と敗血症の違い

感染症が重症化すると敗血症で死に至る。 **** Credit: “IV Fluid Administration”, Utah Valley University IV fluid, administration and calculations video for nursing students 感染症 感染症は微生物により引き起こされる疾病で、微生物は毒素を…

靭帯と腱の違い

靭帯は骨と骨をつなぎ、腱は筋肉と骨をつなぐ。 **** Credit: 靭帯は骨と骨をつなぐ、“Tendons vs. Ligaments - What's the Difference?”, rhscience7minivids 概要 靭帯と腱は筋骨格の一部であり、靭帯は骨と骨をつなぎ関節を安定させる、腱は筋肉と骨…

ガン治療における寛解と完治の違い

ガン治療後、検査でガンが見つからなくとも、完治したとは断定できない。 **** Credit: ガン放射線治療、Bob Dewey, “Radiation Treatment for Brain Tumor- full procedure” 癌治療の場合 ガン治療を行った患者で、画像検査で原発ガンや転移が認められ…

遺伝学とゲノミクスの違い

メンデルの遺伝学とゲノムプロジェクトのゲノミクス **** Credit: ゲノミクスの応用、“The Genomic Landscape circa 2016 - Eric Green”, National Human Genome Research Institute 遺伝学 遺伝学は19世紀の中頃にオーストリアの修道士のメンデルが、え…

ストレスとテロメアの関係

慢性ストレスは老化を早め病気のリスクを高める。 **** Credit: テロメアは染色体の先端にある、“What is a Telomere? Simple explanation of Telomeres”, Tam818 USA ストレスを引き起こすもの 金にまつわる問題、仕事における過労、子育てや老人介護は…

言葉の人体への影響 ― 言葉による暴力

言葉で人は死に至ることがある **** Photo: スマートフォンで行われるいじめ いじめの実態 2014年、宮城県でいじめを苦に自殺した中学1年生の父親がいじめ防止のための対策を文部科学省に求め、体験をもとに、暴力行為よりも言葉によるいじめ対策が必要…

生物の記憶装置 ― DNAレコーダ

DNAを記憶媒体として利用する。 **** Credit: “The Structure of DNA”, MITx Bio データの記録の限界 現代において、日々大量の情報が発生しており、記録方法も絶えず進歩している。30年前、標準的なデータの記録媒体であったフロッピーディスクは現在で…

イボは取り除くべきか?

瘢痕と再発リスク **** Credit: 指先のイボのとり方、“Wart Removal- Have Warts On Fingers? Here's How To Get Rid Of Finger Warts”、Wart Kelly イボとは イボはヒト乳頭腫ウイルスが引き起こす皮膚の腫脹である。皮膚の傷から侵入して外皮に感染し…

婆さん仮説と見張り仮説

高齢者の存在理由と高齢者が早起きである理由。 **** 婆さん仮説 人類は他の動物より長生きである。人類は子供が作れない年齢を過ぎても生きていることには進化上の利点があり、祖父母は両親に代わって孫の面倒が見ることができるとの仮設が立てられてい…

適者生存のための遺伝子変異

種の絶滅を防ぐメカニズム **** Credit: ホモ・サピエンスのイメージ、“Homo Sapiens 1”、 Najveca Baza Dokumentaraca 適者生存 現代人にとって、適者生存として、小柄、低運動能力、及び関節痛は考えられない。しかし、人類は進化の過程で、生存のため…

イボとホクロの違い

ウイルスとメラニン細胞の過形成によるもの。 **** Photo: 指にできたイボ イボ イボは白又は肌色で主に手足や顔に現れる皮膚の異常隆起である。ヒト乳頭腫ウイルスによる生じ、高齢者より児童や青年に多く見られる。 直径は0.6センチ未満で、乾燥又は湿…

人工知能と医師との関係

人工知能は医師と患者を救う。 **** Credit: スーパーコンピュータ京、未来をひらこうポスト「京」 ~日本のスーパーコンピュータ開発プロジェクト~より 脳卒中の診断 脳の組織が死んで灰色になれば脳卒中の診断は簡単であるが、多数の神経細胞が死ぬ前…

ニキビと発疹の違い

毛穴の塞がりと皮膚の炎症 **** Photo: 体に現れた発疹 ニキビ ニキビは皮膚の表面の毛穴が詰まり生じる皮膚の疾患であり、油分が多く作られる10代に多く見られる。 乳児を含む、すべての年代層でニキビを患う可能性がある。汚れや細菌が毛穴を塞ぎ、油…

遺伝子における優性と劣性の意味

遺伝子は環境により働き方が異なる。 **** Credit: 目の色の遺伝、Genetics and Eye Color、XoletteScience 遺伝子の優勢と劣勢は特定の表現型が親からどのように受け継がれるかを表している。 人や他の動物など有性生殖種は父と母から受け継いだ遺伝子…

ヒアリ(fire ant=火蟻)は赤いミミズ腫やアナフィラキシーを起こす

温暖化とグローバル化で超危険生物への備えが必要になる。 **** Credit: “Fire Ant”, Inside the World of Fire Ants! 最近、危険な昆虫が貨物に紛れて日本で多数見つかっている。最近騒がれている有害な昆虫としてヒアリがニュースになっている。 ヒア…

常染色体と性染色体の違い

男性はXYであるため遺伝病のリスクを負う。 **** Image: 性染色体XY 染色体は遺伝情報を次の世代に伝える重要な役割がある。常染色体と性染色体の2種類がある。性染色体は性の決定に重要な役割を果たす。 性染色体 人間には23対の染色体があり、1対は性…

常染色体の優性遺伝と劣性遺伝の違い

発現されやすい遺伝形質を優性遺伝、発現されにくい遺伝形質を劣性遺伝とよぶ。 **** Credit: 常染色体劣性遺伝のパターン、“What is Autosomal Recessive Inheritance?”、Baylor College of Medicine 形質の優性と劣勢 同一の染色体座にある2つ以上の遺…

悪い遺伝子は取り除くべきか? ― 遺伝子と環境の調和

現在の悪い遺伝子が過去には人類を救ってきた **** Image: Genetic Screening 遺伝子検査 近年、遺伝子検査技術が進歩しており。夫婦の遺伝子を調べることにより、子供に重大な病気が起こるリスクがあるか調べることができる。子供がほしい夫婦が遺伝子…

MRI検査に有害な物

カラーコンタクトは外せるが、タトゥーは容易に消せない。 **** Image: コイルにより作られた磁場 MRIとは MRIは磁気共鳴画像検査を意味する。X線検査やCTのような放射線は使用せず、磁気を使用するため、最も安全な検査方法だと言われている。 MRI検査…

頭を良くする方法

忘れることは良いことだ **** Photo: 単語カード 忘却の利点 忘却は学習と正反対の脳の動作である。物が思い出せないと人は当惑するが、。再び学習することにより理解が深くなる。 忘却は学習における隠れた利点であることは1世紀以上前から知られてい…

心臓発作と心不全の違い

心臓発作により心不全が起こる **** Photo: 心不全の治療に使用されるペースメーカ、Boston Scientific 心臓発作も心不全も心臓血管の疾病である。多くの患者は病院に着く前に心臓発作や心不全で死亡している。 心臓発作 心臓へ血液を送る冠動脈と呼ばれ…

敗血症 ― 心臓発作や脳卒中と同様な致死性の疾患

Those who suspect shall be saved (疑う者は救われる) **** Photo: 敗血症の症状があったら救急搬送が必要 幼児の突然の病気 ニューヨーク在住の医師が、朝、出勤前、彼の幼い息子は元気にしていた。勤務を終え、帰宅すると、彼の息子は青白い顔色で…

ICUにおける治療の後遺症

多元的なリハビリで後遺症を軽減する。 **** Credit: ICU内部、日本海総合病院 患者がICUから一般病棟に移れても、炎症、臓器不全、及び機能障害が多くの場合持続する。ICUで投与された薬剤により重大な副作用が現れることがある。 治療薬による後遺症 …

アニサキス症 ― 上腹部の激痛

生の海水魚の寄生虫リスク **** Credit: 食道上のアニサキスの幼虫、Anisakiasis Sushi lovers be warned, there may be worms lurking in your fish Anisakis アニサキス症は海洋哺乳物に感染している線虫の一種であるアニサキスの幼虫が人の消化管に入…

色覚異常治療研究の最前線

先天性色覚異常の遺伝子治療 **** Credit: Squirrel Monkey Facts, WW Entertainment News 赤緑色覚異常に対する治療法の研究 猿を使った色覚異常の遺伝子治療の研究が行われている。北欧系の男性で赤緑色覚異常のある人は約8%であるのに対して、リスザ…

色覚異常 ― 網膜の錐体細胞の障害

ほとんどが先天性であるが、加齢により発症することがある。 **** Photo: アメリカの信号機 色覚異常とは 健常人は他の人と同じように色を識別できるが、一部の人は健常者と同じように色の識別ができない。重度の色の識別障害を色覚異常とよぶ(かっては…

夜盲症 ― 網膜の桿体の障害

夜間の運転は事故を起こしやすくなる。 **** Photo: 夜間の運転が危険になる 夜盲症は夜間に目の視力が低下する症状である。 夜盲症にかかると、夜間や暗いところでは、平均以下の視力しか得られない。夜盲症は基礎疾患の症状であり、加齢により多発する…

高齢者に対する薬剤の作用 ― 薬物動態と薬力学

高齢者には薬剤の効果が強く長く出る。 **** Credit: Introduction to Pharmacokinetics, learnpkpd 高齢者は薬剤による障害のリスクが高い。理由として、複数の持病の治療のため複数の処方薬を服用しており、加齢により薬物動態と薬力学が変化している…

網膜の桿体と錐体の違い

モノクロの暗所視とカラーの明所視 **** Credit: Rods and Cones of the Human Eye, School of Life Science 目の角膜から入った光はレンズと水晶体を通っては網膜の桿体と錐体に届く。桿体と錐体は入射光を神経インパルスに変換する。 光は網膜桿体と錐…

高齢者の薬剤療法

長期に服用している薬が老人の寿命を縮める事がある **** 高齢者の薬剤療法の問題点 高齢者には薬剤療法が妥当でない場合が多い。 高齢者に薬剤療法が必要な場合は、最も毒性の低い薬剤が選択されるべきである。 処方される薬剤の種類と用量は最小で、効…

吐き気と嘔吐

胃腸障害と非胃腸障害に分類される。 **** 吐き気 吐き気は嘔吐が切迫した不快な感覚である。 嘔吐 嘔吐は胸腹筋肉組織の圧迫により十二指腸及び幽門洞の逆方向収縮により胃内容物が口腔に排出されることである。 2から3時間前に食べた物を嘔吐した場合…

昏睡と昏迷の違い

刺激に対する反応の有無 **** 昏睡 昏睡は目を閉じて、無反応の状態で、意識も覚醒もない病態である。患者は刺激を与えても意識を取り戻したり覚醒することはない。 昏睡には刺激に対して反射するレベルがある。昏睡は意識障害の中で最も重いものである…

高齢者の健康に影響を及ぼす要因

高齢者各人で健康状態が異なるわけ **** 病的症状 老人と若者や中年では同じ病気にかかっても症状が大きく異なる。 高齢者では複数の慢性疾患にかかっているのが普通である。65歳以上の高齢者の約半数は2つ以上の慢性疾患を罹患している。 高齢者が介護…

高齢者の本当の死亡原因

高齢者は複数の要因が重なって死に至る。 **** Photo: 介護施設の談話室、介護付有料老人ホーム アリア深沢 高齢者の死亡原因 日本人の65歳以上の高齢者の死因の1番目はガン、それに心臓病、脳血管疾患、及び肺炎が続いており、最初の3つの病気で全死亡…

慢性疾患と急性疾患の違い

治らない病気と治る病気 **** Credit: 人工透析、”How Does Dialysis Work?”, Christian Fite 慢性疾患 慢性疾患は長期に患う疾患であるが、通常、急性疾患より症状が軽い。しかし、進行性、全身又は体の一部の障害、最終的には死に至ることもある。慢性…

角膜と網膜の違い

角膜はピントを合わせ、網膜は光を信号に変える。 **** Credit: 目の構造、参天製薬 角膜 角膜は眼球の一番外側に位置している透明な繊維質の膜であり、他の部分より大きな曲率を有する最も重要な屈折面である。角膜は厚さが均一で血管がなく、強膜から…

盲腸、虫垂、虫垂炎の違い

日本人が盲腸というとき、それは虫垂炎を意味している。 **** Credit: 腹腔鏡下虫垂切除術、Laparoscopic appendicectomy、Brisbane Surgeon 盲腸 盲腸は英語では”cecum”で「一端が開口した空洞」を意味する。大腸の最初の器官で袋状であり、上行結腸と…

抗原と抗体の違い

抗原は抗体を作り出し、抗体は免疫系により抗原を破壊する。 **** Photo: Specific Immunity, Antibodies 抗原 抗原は多糖類又はタンパク質から作れれおり、ウイルス、細菌、及びその他の微生物の細胞壁、カプセル、鞭毛、毒素、又はフィムブリエのよう…

良性腫瘍と悪性腫瘍の違い

癌化しない腫瘍と癌化する腫瘍 **** Photo: オリンパス上部消化管内視鏡 腫瘍 腫瘍は組織の腫脹であり、細胞の分裂のコントロールが出来なくなり、限りなく増殖を続ける病変である。腫瘍は新しく、活発に成長を続ける組織であるため新生物とも呼ばれる。…