読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学よもやま話

医学情報をご提供します。

富士登山で高山病にならないために

標高の高い山を短時間で登ると高山病にかかるリスクが高くなる。

****

f:id:tpspi:20170526111343g:plain

Credit: 富士登山、夏の富士登山とご来光

 

2016年夏期の富士山の登山者数は24.8万人であった。そのうちの多くが弾丸登山を行った。

弾丸登山は、山小屋で宿泊するなど十分な休息をとらないまま夜通しで山頂をめざす登山者である。夏の富士登山者の3割が弾丸登山だと言われている。弾丸登山を行う理由としては、体力に自身があること、山小屋が混み合っていることなどが考えられるが。弾丸登山を行うと高山病にかかるリスクが非常に高くなる。

標高が高くなるにつれて、気圧は低下するが、大気中の酸素含有率は変わらない。酸素分圧は標高5800mでは海面レベルの約半分になる。

ほとんどの人は,1日に1500から2000mまで問題なく登山可能であるが,2000mになると、約20%が,3000mでは約40%が急性高山病を発症する。この疾患は登山の速度,到達点の標高、および睡眠時の標高が関係する。

富士山登山では急性高山病にかかるリスクが高いことに留意して十分な準備が必要である。

続きを読む

食道癌の治療

癌治療で最も難しく、予後も悪い。

****

 

f:id:tpspi:20170525143542g:plain

手術治療

食道癌の治療の中心は手術である。医療技術の向上により、手術における死亡や手術後の死亡は減少しているが、未だ大掛かりで難しい手術である。手術には経胸腔手術、経裂口手術、及び根治的一括切除がある。食道癌の部位により、全食道切除術又は部分食道切除術が行われる。全食道切除術では、残った胃を頸部まで持ち上げて残りの食道とつなぐ術式(残胃挙上再建)が行われ、部分食道切除術では、患者の小腸を一部切除して、切除した食道を採取した小腸で置き換える小腸間置再建術,または同様に結腸で置き換える結腸間置再建術が必要である。食道切除により両側の迷走神経が切断されるため,胃内容停滞を予防するために幽門形成術が行われる。

手術の合併症には,吻合部縫合不全,瘻孔,および狭窄,胆汁の胃食道逆流,ダンピング症候群などがある。下部食道切除術後の胆汁逆流による胸部灼熱痛のため、術後に,胆汁を迂回させる空腸吻合術が必要になることがある。胸部の間置小腸または結腸への血液供給は不十分であるため,間置腸管の捻転,虚血または壊疽が起こることがある(注1)。

このように、食道切除術は大掛かりな手術であり、高齢者や持病のある患者には行うことができない。

近年では、多くの医療機関で胸腔鏡や腹腔鏡を使用して食道切除術が行われているため、患者の負担は大幅に低下している。

 

続きを読む

薬としてのコーヒー

適量なら薬、過剰摂取なら毒になる飲み物

****

f:id:tpspi:20170524153729g:plain

Photo: コーヒーの実

 

コーヒーの歴史

コーヒーがいつ頃から飲まれるようなったかは不明であるが、伝説は数世紀前エチオピアの高原から始まる。ヤギ飼いのカルディーがコーヒー豆の可能性を最初に発見したといわれている。

カルディーはヤギが木になっている実を食べると夜も眠らずに元気でいれることを発見した。この木の実こそがコーヒーの実であった。

カルディーはこの発見を近くの修道院の院長に伝えると、彼はコーヒーの木の実から飲み物を作り、これを飲んだところ気分が高揚して、長い時間、疲れること無く夕べの祈りを終えることが出来た。修道院長はこの飲み物を他の修道士に分け与えた。その後、この不思議な飲み物が修道院の外に広まった。

17世紀になると不思議な飲み物はヨーロパ全体に伝わり、人気の飲み物コーヒーになった。

しかし、一部の人々はこの新しい飲み物を「悪魔の苦い発明」として嫌った。

当時、ヨーロパでは朝食時にワインやビールが飲まれていた。ヨーロパの人々は、朝食にアルコールの代わりにコーヒーを飲むと、1日を元気に過ごせることがわかった。驚いたことに、仕事の能率が非常に向上した。

それ以降、コーヒーは人を元気にする飲み物として世界中で愛飲されるようになった(注1)。

続きを読む

コーヒーをがぶ飲みしではいけない理由

カフェインは薬剤であり、過剰摂取は健康を害する。

****

 

f:id:tpspi:20170523151409g:plain

多くの研究からコーヒーは健康に有益であることが明らかになっている。この反面、過剰摂取は健康に悪影響を及ぼしていることも判明している。

業界は不利な情報は公表しないため、あまり知られていないが、過剰摂取は高血圧症、糖尿病、及び骨粗鬆症には有害である。さらに、カフェインは薬剤に影響を及ぼし、さらに不眠症、不安、及び胸焼けを悪化させる。カフェインは薬剤であることから当然なことである。

カフェイン摂取が適量である限りは一般に安全であるが、習慣性があり、摂取を止めることはもちろん用量を減らすことも容易ではない。

カフェイン摂取を急に止めると拍動性頭痛、ふらつきや、疲れが出る。これらの症状はカフェインが体内から抜けきるまで(数日)続く。

 

続きを読む

コーヒーは健康飲料か?

適量摂取は健康をもたらすが、過剰摂取は死につながる。

****

 

f:id:tpspi:20170523095110g:plain

Credit:  Coffee beans, Marketwatch

 

コーヒーは国民的飲料で若者から老人まで幅広く飲まれている。コーヒー100mlには約60mgのカフェインが含まれている。

 

数多くの研究から、コーヒーには脳卒中やある種癌を防止し、パーキング病や認知症のリスクを低減し、集中力と記憶を高めることが分かっている。コーヒー豆は種子であり強力な抗酸化作用、がん抑制作用、免疫増強作用のあるファイトケミカルを含んでいるからである(注1)。

 

食品安全委員会のまとめによると成人が1日に摂取して良いカフェイン摂取量は400 ㎎/日 コーヒー マグカップ 3 杯(237 ml/杯)とされている。これ以上の摂取は有害である(注2)。

 

問題は、カフェインは様々な飲み物に含まれている、日本茶、紅茶、コーラなど様々なソフトドリンク、さらに悪名高いエナジードリンクにより、現代人はカフェインの過剰摂取に気がついていない。

続きを読む

溺水患者の病理から予後まで

溺水による体内の変化と治療

****

f:id:tpspi:20170522142051g:plain

Photo:  遊泳禁止標識

 

溺水は水没により呼吸障害が起こり、酸素が欠乏し、肺や脳など複数の臓器が損傷する。治療としては呼吸停止、心臓停止、無酸素症、低換気、及び低体温症の改善である。

飲酒、4歳未満の幼児、及び男性は溺水のリスクが高い。

 

溺水の病理

人は水没すると無呼吸になり、ほとんどの場合で誤嚥が起こる。喉頭痙攣により肺に水が入る。

低酸素血症、炭酸過剰症、及び酸性血症が急激に進行する。水の誤嚥により気道閉塞、肺表面活性物質の活動低下、肺胞障害、及び気管支痙攣が生じる。

溺水から数時間又は数日後に肺の障害(急性呼吸窮迫症候群(ARDS))が生じ、非心原性肺水腫及び重度の低酸素血症が現れることがある。

溺水の主たる死因は重度の低酸素による心血管障害である。低酸素症により重度脳障害や急性腎不全が生じる。アルコールを摂取していると低酸素血症のリスクが高まる。

——

溺水の症状

溺水の症状は患者により異なる。溺水患者には一般的に低体温症状が現れる。低体温症は徐脈又は非収縮性又は心室細動による心拍停止のリスクが高くなる。

溺水患者が非低体温症でない場合は、頻呼吸、頻脈、微熱、チアノーゼが生じることもある。

 

治療

溺水患者救出後の治療は生命維持に重点がおかれ、必要に応じて、気道確保と心肺蘇生が行われる。

溺水患者が無呼吸の場合は、直ちに人工呼吸を行う。

肺から水を除去しない。肺から水を除去する試みは換気を遅らせ,嘔吐のリスクを増加させる。

心肺蘇生又は人工呼吸により、患者は嘔吐する。この時、患者の頭を横に向けて嘔吐物による窒息を防止する。

溺水患者は医療機関で呼吸障害の治療を受け、さらに24時間経過観察を行う。

気管支鏡で喘鳴や肺拡張不全の検査が必要な場合がある。

脳浮腫の程度が最小のうちは、神経障害の治療は支持療法で対処する。脳浮腫や頭蓋内圧を低減させるために、高張食塩水の静脈投与する。動脈血二酸化炭素分圧を34から36mmHgの低二酸化炭素症にすることも効果が期待できる。

溺水患者に震えや振動があると頭蓋内圧が上昇するため、これらの患者の体の動きは抑制する必要がある。

心拍停止の場合、低温療法により神経機能が温存される。現在の溺水患者の治療として救助後昏睡状態の場合は深部体温が34°C以上に上昇する復温は行わず、体温を32から34°Cに24から48時間維持する。

 

予後

生存状態で救急搬送された溺水患者の死亡率は25%である。約6%の患者で神経疾患が生じる。

溺水患者が長時間水没していた場合は、予後は悪くなる。幼児の場合、水没時間が60分未満で低体温症であると、神経障害無く回復している。

溺水患者が低血圧、持続性無呼吸、昏睡、基本生命維持治療の遅れが10分以上、及び心肺蘇生の時間が25分以上の場合も予後が悪くなる。

 

ユーチューブ動画: 人工呼吸とAEDの使い方

骨シンチグラフィーとは

骨が痛む時に行う検査

****

 

f:id:tpspi:20170521165724g:plain

Photo:  Bone Scan, MD Anderson Cancer Center

 

骨シンチグラフィーは微量の放射線核種を使用するラジオアイソトープ(RI)検査である。

骨折した場合は新しい骨が形成されて治癒する。この検査で骨の代謝異常を画像で表すことができる。

この検査では更に、癌が骨に転移しているかどうかを調べることもできる。

検査を行う前に、患者の体内に放射線核種を静脈投与する。放射線核種は投与後2から3日で体外に排出される。

 

用途

この検査で骨の痛みの原因を調べることができる。骨が痛む原因として関節炎、虚血性壊死、骨癌、癌の骨への転移、線維性骨形成異常、骨折、骨の感染、及び変形性骨炎(パジェット病)がある。

続きを読む